マネックス証券における米国株の取引手数料の解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券大手7社※の中で、米国株取引のサービスを個人投資家向けに提供している会社はマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

3社の中で米国株の取引手数料が安いのはマネックス証券になっています。比較表を使いながら手数料の解説をします。

▼ネット証券大手の米国株取引手数料(税抜) 【米ドル】

SBI証券
楽天証券
手数料体系 約定代金で手数料が決まる 約定した株数で手数料が決まる 約定した株数で手数料が決まる
手数料

手数料は約定金額の0.45%となっている。

ただし手数料は、最低5米ドルから
最大20米ドルまで

1回の取引で約定数が1000株までは一律
25米ドル
1回の取引で約定数が1000株までは一律
25米ドル
1回の取引で1000株以上約定した場合の追加手数料
なし
1株につき
0.02米ドル
1株につき
0.02米ドル

さて、上記の表では、手数料を米ドルで記載しているので「いまいち どれくらいの手数料になるのか、ぴんとこない」という方もいるでしょう。

ですから、「為替レートを1ドル=100円」と仮定して、米国株の取引金額によって、どれくらい手数料に違いがでるのか、比較表を作ってみました。約定金額と取引手数料をあえて日本円に換算しています↓

▼約定した金額別の手数料比較 (税抜表記)

約定金額
SBI証券の手数料
楽天証券の手数料
10万円
約500円
約2500円
約2500円
20万円
約900円
約2500円
約2500円
50万円
約2000円
約2500円
約2500円
100万円
約2000円
約2500円
約2500円
200万円
約2000円
約2500円
約2500円

上の比較表を見てもらえれば分かると思うのですが、SBI証券や楽天証券では約定代金が10万円や20万円といった小口の取引でも、手数料が約2500円(税抜)かかります。これだと、少額の資金で米国株投資を始めるのは、なかなかハードルが高いでしょう。

その点、マネックス証券は米国株取引において、最低「5米ドル~」、つまり「為替レート1ドル=100円」換算で、最低500円程度の手数料から投資ができるので少額投資にも向いています。

また、マネックス証券の米国株取引では、手数料の上限が20米ドルに設定されている点も長所です。

SBI証券や楽天証券だと1回の取引で1000株以上約定した場合、追加手数料として「1株につき
0.02米ドル」が徴収されます。マネックス証券では1回に1000株以上の取引を行っても、追加手数料はかかりません。

 ※ネット証券大手7社 ・・・ SBI証券、楽天証券、松井証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、マネックス証券、岡三オンライン証券のことです

▼関連記事

マネックス証券で米国株の特定口座対応が2013年12月16日から開始

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス証券の米国株取引ツール「トレードステーション」を使った感想

マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

マネックス証券、米国株取引において「ECN(電子取引所)配信のリアルタイム株価」を導入

マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

マネックス証券、「米国株四半期速報」をリリース

2010年分から特定口座で譲渡損失と配当金の損益通算が可能となっています

一般口座とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする