信用取引の証拠金規制が緩和されました 【2013年1月4日から資金効率アップ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.6.9 Last Update!

2012年12月まで、東証などの通常の株式市場では、信用取引デイトレードを行った際に差し入れた委託保証金は、その日のうちに他の取引の保証金に使うことが不可能でした。つまり、信用取引では新規の取引をするたびに新たな保証金を用意する必要があったのです。

2012年まで、信用取引では新規の取引をするたびに信用新規建余力※が減っていき、反対売買をしてもその日のうちには余力が回復しませんでした。しかし、これが 2013年1月4日に改定されました。

 ※信用新規建余力・・・信用取引で売買が可能な残り金額のこと

法律の改定により、2013年1月4日の取引より、 同じ保証金を使って一日に何度でも売買できるようになりました。

2013年1月から、信用取引のルールが変わり「同じ担保を使って1日に何度でも売買できる」ようになっています。

例えば2012年までは、委託保証金100万円を証券会社に差し入れて信用取引で300万円の株を購入した場合、信用の余力はほとんどなくなっていました。当日中にその株を全部売却しても、余力は回復せず、その日のうちに再度300万円の買付を行うことはできませんでした。

2013年1月4日からは、売却後に余力がすぐに回復し、その日のうちにまた取引ができるようになっています。デイトレードで、何度でも同じ担保(委託保証金)を利用可能になったのです。

つまり、事実上、2013年1月から信用取引において差金決済が認められたわけです。よって、信用取引では現物株の取引における差金決済禁止ルールのような煩わしさが無くなりました。

2013年から、信用取引は少ない資金であっても、それを使って何度でも無制限に回転売買できるようになったので、終日勝負に打って出られるようになりました。よって今の信用取引はFX取引日経225先物取引なみに使い勝手が向上しています。

信用取引のルール改定に伴い、ネット証券各社がルール改定の案内を出していますが、個人的には岡三オンライン証券の解説が一番判りやすいものでした。参考にその解説を抜粋しておきます↓

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~

委託保証金の計算方法等の見直しについて

okasan_shinyo_hosyokin_minaoshi_20130104_099.jpg

2013年1月1日より、金融商品取引法第161条の2に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令の一部改正により、信用取引に係る委託保証金の計算方法等が変更となりました。

【改正のポイント】

  1. 委託保証金の拘束期間の見直し 同日において、同一資金で何度でも信用取引の売買が可能
  2. 反対売買による確定利益額の取扱いの見直し 建玉の反対売買による確定利益は、受渡日前でも利用が可能
  3. 追証(追加委託保証金)解消方法の見直し 建玉の反対売買による追証の減額が可能

1.委託保証金の拘束期間の見直し

↓クリックで拡大可能

okasan_shinyo_20121011_01.gif

委託保証金の拘束期間が、受渡日基準から約定日基準に変更となり、以下のことが可能となりました。

(1)
建玉の返済後、旧建玉にかかる委託保証金を、新規建玉にかかる委託保証金に充当することが可能となりました。
これまでは同一資金(委託保証金)での売買回数に制限がありましたが、改正後は同一資金で何度でも信用取引の売買が可能となりました。

(2)
建玉の返済後、旧建玉にかかる委託保証金を、即日引き出すことが可能となりました。
これまでは受渡日まで損金や現引代金等に充当することができませんでしたが、改正後は約定日から可能となりました。

2.反対売買による確定利益額の取扱いの見直し

受渡日前であっても、反対売買による確定利益を、委託保証金残高として算入することが可能となりました。

↓クリックで拡大可能

okasan_shinyo_20121011_02.gif

3.追証(追加委託保証金)解消方法の見直し

従前の解消方法は、保証金の差入れのみですが、改正後は以下の解消方法が追加になりました。

(1)
建玉の一部返済
追証発生後、建玉の返済を行った場合、返済した建玉の20%を追証額から控除できます。

okasan_shinyo_20121011_03.gif

(2)
確定損金の差入れ
追証発生後、確定損金相当額を差入れた場合、当該損金に相当する額を、追証額から控除できます。

~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

現物株の取引における差金決済の禁止とは (株式用語解説)

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

一般信用取引(無期限信用取引)とは【株式用語解説】

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引編)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする