livestar R(ダウンロード版)を使った感想 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブスター証券にはlivestar R(ダウンロード版)という株式トレーディングツールがあります。

利用料は無料で、株式取引、日経225先物・オプション取引に対応しています。Windowのパソコンにインストールして使用するタイプのトレーディングツールとなっています。

私は、ライブスター証券の口座を持っているので、「livestarR(ダウンロード版)」を使ってみました。以下、「livestarR」についての感想です。

「livestarR(ダウンロード版)」の開発会社について

「livestarR(ダウンロード版)」は、シンプレクス・コンサルティング社が開発するSPRINT(スプリント)というシステムをベースに開発されています。

このスプリントをベースに開発されているトレーディングツールは、他社だと下記のものがあります。

証券会社名 トレーディングツールの名前 株取引への対応 日経225先物取引への対応
GMOクリック証券 スーパーはっちゅう君
マネックス証券 マネックス・マーケットステーション
松井証券 ネットストック・ハイスピード

「livestarR」も、これらのツールに似たトレーディングツールとなっています。

これらのツールに慣れている個人投資家なら、ライブスター証券の「livestarR」も馴染みやすいでしょう。

livestarR(ダウンロード版)の長所

livestarRですが、デイトレーダーも愛用しているユーザーが多い「ネットストックハイスピード」や「スーパーはっちゅう君」と同じシステムを利用しているだけあって、動作は軽いです。

全体的に軽快に動きますし、板情報(気配値)や株価チャートも見やすいです。

また、あらかじめ注文条件を設定しておけば、ダブルクリックするだけで注文することができる板注文画面(スピード注文画面)があります。

そして、ライブスター証券のlivestarRは、取引画面をカスタマイズしやすいのも特徴です。

livestarRでは、よく使う画面を自由にレイアウトすることができます。 1つの大きなウィンドウ内に複数の画面を表示する「MDI表示」と、1つの画面をそれぞれ独立したウィンドウとして表示する「SDI表示」の切り替えをボタン1つで行うことができます。

ちなみに、livestarRでは株式新聞速報ニュースを無料で読むことが可能です。

livestarR(ダウンロード版)の短所

  • 画面レイアウトのカスタマイズの自由度が高いので、初心者は最初、レイアウトの設定に戸惑うかもしれません。
  • livestarRは一度ライブスター証券のサイトにログインしてからでないと起動できない。ショートカットを作って、そこから起動することができません。

livestarR 使用感 まとめ

株や日経225先物を取引するツールとしては、動きが軽いです。月額使用料金が常に無料なのはよい点です。

livestarRとニュース情報が充実している「楽天証券マーケットスピード」などを併用すると、より良いトレード環境を構築できるでしょう。

以下、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

livestarR_20120902_01.jpg

操作マニュアルをPDFでダウンロード

livestarR_20120902_02.gif

テクニカル分析中心のトレーダーからご要望の多かったチャートからの発注機能を標準装備!

チャート上で右クリックをすると、各注文の一覧が表示され、選択した内容の注文画面が即時に表示できます。

アラートを出すトレンドラインも描画可能ですので、複数銘柄のウォッチにも最適!!

livestarR_20120902_03.gif

デイトレーダーからご要望の多かった板情報からの逆指値発注を実装したスピード発注機能!!

逆指値条件後の設定もマウス操作で簡単にできるほか、注文内容の確認画面省略も出来る為、板情報を使った迅速なトレードには最適なツールです。

もちろん注文訂正や取消しも板情報から簡単に実行可能!

livestarR_20120902_04.gif

大きなウィンドウ内に複数のウインドウを表示させる「MDI表示」と、各ウィンドウを独立して表示させる「SDI表示」の切替が簡単に行える機能を標準装備!!

レイアウトパターンも複数登録ができるほか、初心者の方向けにデフォルトレイアウトも複数ご用意いたしました。

PC操作に不慣れな方も是非お試しください!!

livestarR_20120902_05.gif

livestarQUICK情報とは別に、各種ランキング機能や分析機能を多数実装!!

QUICKユーザーからもご要望の多かった、歩み値や同一気配約定、信用残のランキングなど、多数のスクリーニング機能をご用意しております。

スクリーニング結果で発見した銘柄名を、注文画面にドラッグ&ドロップすることでスムーズに発注も可能!!

~~以上、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、ライブスター証券にはlivestar S iPhone版livestar S Android版というスマートフォン向けの株式取引アプリがあります。

▼関連記事

ライブスター証券が新しい証券取引システムを導入、逆指値注文にS指値・M成行・M指値を追加

OCO注文とは (株式用語解説)

IFD注文とは

IFDO注文とは 【ライブスター証券による解説】

ライブスター証券のメリットとは

ライブスター証券、全商品 取引手数料「0円」キャンペーン実施中

ライブスター証券、「livestar QUICK情報」を提供開始【無料】

ライブスター証券の手数料

株取引の手数料無料サービスがある証券会社 【取引し放題】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする