マネックス証券、「株式らくらく口座」サービスを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月21日、マネックス証券が株式取引に必要な機能をしぼった株式らくらく口座のサービスを開始しました。

株式らくらく口座と以前からマネックスに存在する証券総合取引口座は、別物のサービスとなっています。

私は今日、マネックス証券のコールセンターに電話して尋ねてみたのですが、「株式らくらく口座」のコンセプトは、株取引の初心者向けのサービスというよりは、「株の現物取引と信用取引のみを行いたい」というユーザー向けのサービスだそうです。

「「株式らくらく口座」と「証券総合取引口座」には色々と違いがあるのですが、大まかな相違点を述べておきます↓

証券総合取引口座
株式らくらく口座
株式の発注について 通常注文に加え、逆指値・ツイン指値などの特殊注文も使える 逆指値・ツイン指値などの特殊注文は使えない
信用取引の保証金管理について 二元管理 一元管理
新規公開株(IPO)、立会外分売、米国株、中国株 取引可能 取引不可能
スマートフォン向けに最適化した画面での株式発注
×
パソコンやスマートフォン向けのトレーディングツールについて 全て利用可能 ほとんど利用不可用。株価ボードだけ使える。
株式売買手数料 「取引毎手数料コース」において指値で約定代金50万円以上になると、手数料が証券総合取引口座より高い
債券・投資信託・日経225先物取引・くりっく株365・海外ETF・ETN・FX 全て取引可能 ほぼ全て取引不可能。「米ドルMMF」だけ売買可能。
株式投資情報 充実している

簡素。

マーケットライブ (ニュース)・マーケット情報サマリー・株式市況などは見ることができる

パソコンでブラウザを使い、サイトにログインしたときの板(気配値) ブラウザで証券総合取引口座にログインした画面では、気配値は自動更新ではない。手動更新になっている。 ブラウザで、株式らくらく口座にログインした画面では、気配値は自動更新が利用できる。
証券総合取引口座
株式らくらく口座

上記の表を見てもらえれば判りますが、株式らくらく口座では日経225先物取引やFXはおろか、投資信託の取引もできません。

なので、株式らくらく口座は「債券や投資信託には興味がない。株式取引だけに興味がある」というユーザー向けのサービスといえるでしょう。

なお、株式らくらく口座を開設したユーザーは、証券総合取引口座を開設することはできません。逆もまたしかりで、証券総合取引口座を開設しているユーザーは、株式らくらく口座を開設できません。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

株式取引をもっと簡単に-株式らくらく口座のサービスを開始

株式取引に必要な機能を厳選した株式らくらく口座のサービスを2012年9月21日(金)より開始しました。

株式らくらく口座の特長

シンプルなウェブサイト
株式取引に必要な機能を厳選しました。

以下のような証券総合取引口座にはないサービスもご用意しています。

・ 信用取引の預り金・保証金の一元管理
・ Macintoshにも対応した株式注文画面での株価自動更新
・ 注文画面に表示されている板情報の株価(気配値)クリックするだけで注文価格をセットできる板クリック機能
・ スマートフォン対応

以下、マネックス証券ウェブサイトの別ページからの抜粋です。

~~~~~

「証券総合取引口座」との違い

証券総合取引口座と株式らくらく口座のお取扱い商品、サービスの主な違いは以下の比較表をご覧ください。

なお、証券総合取引口座と株式らくらく口座の双方に口座を開設することはできません。

商品、サービス
証券総合取引口座
株式らくらく口座
各キャンペーン
×
お友達紹介
×
法人口座
×
未成年口座
×
株式 現物取引、
信用取引
(共通)
株式売買手数料
詳細
詳細
手数料
コース
取引毎手数料
一日定額手数料
変更タイミング
翌月

(月の最終営業日15:30までに変更した場合)

翌営業日

(営業日の15:30までに変更した場合)

通常注文
逆指値・ツイン指値
×
連続注文・リバース注文
×
期間指定 当日中
当日前場のみ
×
当日後場のみ
×
今週中
今月中
×
任意の期間指定

(最大30日)
×
注文数量訂正
×
現物取引 配当金受取サービス
貸株サービス
×
株式移管
取引ルール・お取扱い銘柄
詳細
詳細
信用取引 制度信用
一般信用
預り金・保証金一元管理
×
みまもるくん
(信用取引自動決済発注サービス)
×
取引ルール・お取扱い銘柄
詳細
詳細
単元未満株 買い注文
×
売り注文
注文訂正
×
×
注文取消

(コールセンターでのみ受付)

買取請求
買増請求
×
×
新規公開株(IPO)
×
立会外分売
×
米国株
×
中国株
×
注文経路 パソコン
携帯電話
×
スマートフォン
(スマートフォン向けに最適化した画面)
×
コールセンター(オペレーター)
×
トレーディング
ツール等
パソコン マネックストレーダー
×
マーケットボードプロ
×
決算&業績予想
×
マーケットボード

(サービス名称は
「株価ボード」)
チャートフォリオ
×
マルチボード500
×
フル板情報ツール
×
マーケットライダープレミアム
×
Market Walker
×
マーケットライダー
×
マネックス・マーケット
ステーション
×
携帯 マネックストレーダー・
モバイル
×
マネックス・マーケットステーションモバイル
×
スマートフォン マネックストレーダー
スマートフォン
×
iPad マネックストレーダー
for iPad
×
投資分析アルゴリズム配信サービス
<マネックスシグナル>
×
債券 個人向け国債
×
新規発行債券
×
既発行債券
×
外貨決済サービス
×
投資信託 公社債投信
×
株式投信
×
インデックス投信
×
投信積立プログラム
×
外貨建てMMF 米ドルMMF
豪ドルMMF
×
アラートメール
×
オルタナティブ投資
×
注文経路 パソコン
スマートフォン
(スマートフォン向けに最適化した画面)
×
コールセンター(オペレーター)
×
先物・オプション
×
くりっく株365
×
ETF・ETN・REIT 国内ETF

一部の銘柄はお取扱いしておりません(詳細)

海外ETF
×
ETN(指標連動証券)
×
REIT(不動産投資信託)
FX FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)
×
大証FX(取引所外国為替証拠金取引)
×
保険 損害保険
×
生命保険
×
ポイントサービス
×
ログイン後のメニューモードの選択
×
入金 即時入金 ジャパンネット銀行
×
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
×
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
×
楽天銀行
×
ゆうちょ銀行  FTnet
×
マネックス《セゾン》カード
×
お客さま専用の
入金用銀行口座
お取扱い金融機関 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
×
りそな銀行
×
みずほコーポレート銀行
×
自動音声による株価照会サービス
×
投資情報
(無料)
リアルタイム株価
スクリーニング
×
株価アラートメール
×
マーケットライブ (ニュース)

(過去1週間のみ)
マーケット情報サマリー
株式市況
海外市況
×
為替・金利・債券
×
市況概況(マネックス証券オリジナルのニュース)
×
アナリストレポート
×
マーケット展望
×
日本証券新聞PDF版・第1面
×
村上経済レポート

(最新レポートのみ)
ストラテジーレポート
投資のヒント
機関投資家の声
×
スクリーニング
×
計算サービス
×
信用・証金情報
×
株式周辺情報
×
投資情報
(一部のサービスは有料)
プレミアムウェブ
×
プレミアムメール
×
資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>
×
一括口座管理サービス<MONEX ONE>
×
株式リスク分析ツール<MONEX COMPASSβ>
×
資産推移ビューワー<MONEX VIEW β>
×
アラートメール
×
MYログイン
×
株主向け優遇サービス
×
税理士紹介サービス
×
サービス時間
詳細
詳細
推奨環境・
動作環境

お客さま固有の環境によっては、ご利用いただけない場合があります。

Windows Internet Explorer
6.0以上

Internet Explorer 7、8、9 (32bit)は、ごく一部の例外を除き、概ね問題なくご利用できます。

8.0以上
Firefox
2.0以上
最新バージョン
Macintosh Safari
3.0.4以上
4および5
Firefox
2.0以上
最新バージョン

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券のメリットとは

マネックス証券、Market Map(マーケットビューワーアプリ)をリリース

マネックス証券、みまもるくん(信用取引 自動決済発注サービス)をリリース

マネックス証券、リンクトインなど米国株20銘柄を追加

楽天証券、信用取引口座のシステムを2元管理から1元管理に変更

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする