岡三オンライン証券、日経225先物取引のシステムをリニューアル その2【オートネッティング注文など追加】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月、当サイトで下記の記事を配信しました。

岡三オンライン証券、日経225先物取引のシステムをリニューアル【リレー注文など追加】

岡三オンライン証券が、自社の日経225先物・オプション取引のシステムをリニューアルし、8月からリレー注文や全決済注文を使用可能にするという旨の記事でした。

さて、その岡三オンライン証券ですが日経225先物取引に、2013年9月30日から新たな注文方法を追加します。オートネッティング注文と時間指定注文です。

また、同社は9月30日から、TOPIX先物取引など7種類のデリバティブ商品の取扱いを開始します。

以下、岡三オンライン証券の発表文からの抜粋です。

~~~~

各 位

平成25年9月18日
岡三オンライン証券株式会社

先物・オプション 新商品の取扱開始および機能拡充のお知らせ【PDF】
– 人気のTOPIX先物、NYダウ先物など7銘柄を追加 –

岡三オンライン証券株式会社は、平成25年9月30日(月)約定分より、先物・オプション取引において東京証券取引所の上場商品を含む新規商品の取扱を開始しますのでお知らせいたします。また、取引システムの機能追加を行ないますので、併せてお知らせいたします。

今回、新たに加わる商品は、お客さまからのご要望が多かったTOPIX先物、NYダウ先物を含む、東証・大証に上場する7種のデリバティブ商品です。個人のお客さまにとっても馴染み深い指数を原資産とする商品であり、資産運用の幅が広がります。

また、新規の注文機能として、いわゆるドテン売買を実現するオートネッティング注文や時間指定注文が追加されます。時間指定注文では、あらかじめ指定した時間に「成行」や「指値」の新規/決済注文を発注できるだけでなく、指値訂正や注文取消をすることができ、多彩な注文ニーズに対応しております。この機会に、さらに新しくなった当社の先物・オプション取引をぜひご体感ください。

岡三オンライン証券は、今後とも価値あるサービスの提供に努めてまいります。

以 上

新規取扱商品

市場 商品 手数料(税込)
東京証券取引所 TOPIX先物取引 420円/枚
ミニTOPIX先物取引 63円/枚
東証REIT指数先物取引 63円/枚
TOPIX Core30先物取引 63円/枚
TOPIXオプション取引 売買代金の0.21%(最低手数料210円)
大阪証券取引所 大証NYダウ先物取引 840円/枚
日経平均VI先物取引 420円/枚

追加機能

新たな注文機能
オートネッティング注文 時間指定注文

新規/決済の区分をせずに注文が可能であり、建玉を保有した状態では先入先出法により古い建玉から順次自動的に決済する。

ドテン売買に活用できる。

指定した時間に発注できる便利な注文方法。

例えば、米国雇用統計発表の5分前に発注中の注文が未約定の場合には指値を変更するといった利用が可能。

詳しくは岡三オンライン証券Webサイトにてご確認ください。

▼関連記事

岡三オンライン証券、書籍「アベノ 爆騰株 ガチ勝ち! 130銘柄」プレゼントキャンペーン実施

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」の適用基準を変更

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」「プラチナ」の適用期間を改定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする