SBI証券が年内にシステム強化、約定処理の性能向上か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券が2010年9月から12月にかけて、オンライン証券取引システムを強化すると発表しました。

システム強化で下記の改善を計画しています。

  1. 週末定期メンテナンスを廃止・・・現在「毎週土曜日23:00~日曜日6:00」に実施している定期システムメンテナンスを、原則廃止
  2. 約定処理等の性能が約3~4倍向上・・・従来に比べて単位時間当たり平均約3~4倍の取引量の国内株式注文約定処理が可能
  3. 対応ブラウザの拡充・・・「Firefox 3」「Google Chrome 4.0」「Internet Explorer 8」「Safari 4」に対応
  4. 大規模災害対策・・・遠隔地でのデータ保管の拡充を行い、災害発生からサービス復旧までの時間短縮を図る

システム強化の作業は、下記の日程で行われる予定です。

  • システム変更リリース(第1回) – 9月25日と26日
  • システム変更リリース(第2回) – 10月23日と24日
  • システム変更リリース(第3回) – 11月20日と21日
  • システム変更リリース(第4回) – 12月18日と19日

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SBI証券はシステムを強化します ―より快適な投資環境づくり―

システム変更の概要

当社では、今まで以上に安定したお取引環境をご提供するため、現行のオンライン証券取引システムの増強を予定しております。

また、顧客中心主義の経営理念のもと「業界最低水準の手数料体系で最高水準のサービス提供」の一環として、より便利で快適な投資環境の整備に取り組んでまいります。

SBI証券システム強化

最新の技術を用いた新オンライン証券取引システムへ

2003年7月からの「リナックスを基幹プラットフォームの基本ソフトウェア(OS)とした新オンライン取引システム」の稼動開始以来、お客様に安定してお取引いただけるよう、現行5セットまで増強して参りました。

この度のシステム変更では、株式市況に応じて柔軟かつ迅速に拡張することや従来の構成に比べハードウェアの投資コストやランニングコストを大幅に削減することが可能な点等の本システム構成の特長を活かし、日々進む技術革新による最新の技術を取り入れたシステムを構築しております。

システム変更による改善点

今回のシステム変更において、システムの「安定性」、「耐障害性」の向上、また「柔軟かつ迅速」、「ユーザビリティの高さ」など他社に差別化を図れるシステムの構築に取り組んでおります。

1・メンテナンスの大幅削減~週末定期メンテナンスを廃止~

お客様のご要望を踏まえ、現在「毎週土曜日23:00~日曜日6:00」に実施しております定期システムメンテナンスを、原則廃止いたします(ATMサービスを除く)。

これにより、平日なかなかご利用いただけなかったお客様につきましても、土日に「口座情報の閲覧」や「お取引のご注文」等ログイン後のサービスがご利用いただけるようになります。

▼「毎週土曜日23:00~日曜日6:00」にご利用いただけるようになるサービス

  • 「国内株式」「債券」「投資信託」等のご注文、注文履歴の参照
  • 「HYPER SBIのご利用」「モバイル端末のサービス・取引」
  • ポートフォリオの閲覧
  • 口座管理の閲覧、入金・出金・振替指示 等

2・約定処理等の性能が約3~4倍向上

従来より主流であった「Internet Explorer」や「Safari」に加え、各種ブラウザの普及に伴い、当社でもご利用いただける環境の拡充に努めております。

新システムへの移行後は、「Firefox 3」「Google Chrome 4.0」「Internet Explorer 8」「Safari 4」に対応いたします。

※ご使用のOSによってご利用いただけるブラウザは異なりますのでご了承ください。

※当社で動作確認は行っておりますが、各OSで標準サポートされているブラウザ(Windowsであれば「Internet Explorer」、MacOSであれば「Safari」など)以外をご利用の際に不具合が生じた場合のお問い合せにつきましては、お応えいたしかねますので予めご了承ください。

※当社メインサイトでの対応となります。外国株取引、先物オプション取引、CFD取引、FX取引の各サイトにつきましては、順次対応予定です。

OS

ブラウザ

現在

変更後

Windows

IE6

IE7

IE8

Firefox 3

Google Chrome 4.0

Macintosh

Firefox 3

Safari 2

×

Safari 3

Safari 4

4・大規模災害対策

これまでも当社は200万口座を超えるお客様の膨大なお取引などのデータを安全な方法で保管して参りました。

今回のシステム更改では大規模災害に対する耐障害性の向上のため、遠隔地でのデータ保管の拡充を行い、災害発生からサービス復旧までの時間短縮を図ります。また、災害対策サイト構築の布石となるシステム構成の導入を行っています。

~~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~~

SBI証券のシステムリプレースが予定どおり年内に終わるといいですね。リプレースに成功すれば、SBI証券での株取引がより快適になりそうです。

私以外にも、「SBI証券の土曜日のメンテナンスがなくなってほしい」と待ち望んでいた個人投資家の方は、多いのではないでしょうか。

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

FX会社 & 証券会社、現金プレゼントキャンペーン比較表

ネット証券、口座開設キャンペーン一覧

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする