iSPEEDがバージョンアップ、PC並みのリッチなチャート機能を搭載

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.3.29 Last Update!

楽天証券にはiSPEEDというスマートフォン用の株式トレーディングツールがあります。

iSPEEDはiPhone版も、Android版も両方あります。

▼関連記事

2012年3月22日、楽天証券が「iSPEED for Android」のバージョンアップを行い、チャート機能の拡張を行いました。

これにより、4つの足種のサムネイル表示、13種類のテクニカルチャートの表示、チャート上へのトレンドラインの描画などが可能になりました。

また、本日(2012年3月29日)、「iSPEED for iPhone」も最新のVersion 3.0にバージョンアップしました。iPhone版でもAndroid版と同じようにチャート機能が拡張されています。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~

iSPEEDがバージョンアップ!PC並みのリッチなチャート機能を搭載!

スマートフォンアプリ「iSPEED」のバージョンアップをおこない、チャート機能を大幅に拡張いたしました。
これにより、4つの足種のサムネイル表示、13種類のテクニカルチャートの表示、チャート上へのトレンドラインの描画などが可能になりました。

  • iSPEED for Android:Version 2.0.1 ⇒ Version 3.0
  • iSPEED for iPhone :Version 2.2  ⇒ Version 3.0

※SBI証券、岡三証券、カブドットコム証券、クリック証券、野村證券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(50音順)の提供している株取引スマートフォンアプリ(2012年3月22日時点)

iSPEED_chart_kakuju_01.jpg

多彩な13種類のテクニカルチャートを搭載!

13種類のテクニカルチャートを閲覧できるようになりました。

トレンド系・オシレーター系のテクニカルチャートを組み合わせて表示することが可能です。

また、各トレンドラインのパラメーターも、お客様のお好きな値に設定することができ、チャートの横表示にも対応しております。

iSPEED_chart_kakuju_02.jpg

トレンドラインも描画可能に!

チャート上にトレンドラインを描画できる機能も新たに追加いたしました。
トレンドラインを引けることはもちろん、位置や傾きの修正、削除なども行えます。

▼トレンドラインモード

チャート上のトレンドラインモードをONにすると、描画することができるようになり、チャート画面上をなぞることで自由なラインが描画されます。

iSPEED_chart_kakuju_03.jpg

▼トレンドライン描画メニュー

トレンドライン描画モードでは、描画メニューが表示され、最大50本まで描けるほか、編集モードでは一度描いたラインを修正することができます。

iSPEED_chart_kakuju_04.jpg

▼iSPEEDのダウンロードはこちらから【無料】

Androidアプリをダウンロードする

iPhoneアプリをダウンロードする

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする