バルチック海運指数とは (BDIとは) 【株式用語解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バルチック海運指数 [読み:ばるちっくかいうんしすう] [英語名:the Baltic Dry Index] [略称BDI]

バルチック海運指数(BDI)はイギリスのバルチック海運取引所(The Baltic Exchange)が乾化物※の運賃価格を取りまとめて算出している外航不定期船の指標です。1985年を基準にしており、海運株は同指数との連動性が高いといわれています。

(BDIは「1985年平均=1000」が基準になっています。)

近年、世界の工場と呼ばれる中国が鉄鉱石輸入を増やすなど船の手当を急増させたことでバルチック海運指数が高水準になり注目を集めています。他にハリケーンの影響で船舶の運行に混雑していたり、積み下ろしのインフラ能力不足による混雑したりすると指数が上昇したりします。

なお、BDIはあくまでも発表の数値であり、原油取引で有名なNYMEXのような取引価格ではありません。BDIは、英バルチック海運取引所が各ブローカー、船社から市況をヒアリングし、毎営業日のロンドン時間13時に発表しています。日本時間でいえば22時(サマータイムは21時)です。

※乾化物・・・石炭、鉄鉱石、穀物など。平たく言えば乾いた物。

▼BDIチャート

Baltic Exchange Dry Index

▼バルチック海運指数(BDI)について詳細な情報をまとめているサイト

バルチック海運指数 (不定期船運賃指数)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする