ジェイコム男BNF氏の投資手法は「順バリ投資」と「逆バリ投資」 【2007.8.31の週刊フライデーより】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイコム男BNF氏のインタビュー記事が8月31日発売の「週刊FRIDAY(フライデー) 2007年9月14日号」に載っています。取材日はおそらく2007年8月20日です。記事のタイトルは下記のようになっています。

マネー講座 あのジェイコム男&専門家が説く「危ない橋の渡り方」

FX・株投資「乱高下に儲ける!」投資術5

▼個別株投資(短期売買)・・・「ジェイコム男」ことB・N・F氏

フライデーの記事でBNF氏について判ったこと

以下、フライデーからBNF氏の発言部分の抜粋です。

僕自身は信用取引はせず、オーソドックスな投資だけです。上げ相場では上昇する株を狙う「順バリ投資」、下げ相場では下落中の銘柄のリバウンドを狙う「逆バリ投資」。
これだけです。

銘柄選定では、米国市場や先物市場の動きを見てイメージをつかみ、後は相場の動きに合わせて投資しています。相場に引きずられて下がり過ぎた優良銘柄は狙い目です。
乱高下相場では、やはり短期投資のほうが利益を拾いやすいと思います

商社、鉄鋼など人気株が急落した 9日には、リバウンドを狙って商社株を中心に50億円ほど買い、結果、この日の収支は約1億4000万円の黒字になりました。

ところが日経平均が全面安になった翌10日は、2億8000万円の損。翌週の13日は日経平均も反発して、買っていた銘柄も値を戻し、3億7000万円の儲けとなりました。

悔しい思いをしたのは17日です。市場が閉まる直前の午後2時38分過ぎに日経平均が一気に下がったんです。これは絶好の買い時でしたが、米国株がまだ高値圏にあって翌日の暴落もあると躊躇してしまったんです。あそこで買いを入れておけば5億円ぐらい利益が出たはずです

8月17日の東スポの記事8月20日のAERAの記事、今回のフライデーの記事をもとに、最近の日経平均株価の値動きとBNF氏の損益状況をまとめてみました↓








































































































































日付 始値 高値 安値 終値 BNF氏の損益 備考
2007年8月20日 15,477.26 15,940.61 15,477.26 15,732.48 +10,000,000円
2007年8月17日 16,035.38 16,062.59 15,262.10 15,273.68 -109.482,450円
(約1億5000万円の利益確定)
持ち越した銀行株を売り1億5千万円の利益確定。後場の暴落時は静観。
2007年8月16日 16,296.40 16,296.40 15,859.46 16,148.49 +266,620,450円の含み益 朝一番に銀行株を中心に100億円ほど買い、一時1億4千万円の含み損に。後場プラ転し2億6千万の含み益になったので持ち越した。
2007年8月15日 16,659.07 16,667.36 16,433.30 16,475.61 +467,645円
2007年8月14日 16,824.63 16,855.05 16,747.94 16,844.61 +1,591,153円
2007年8月13日 16,791.80 16,948.40 16,725.55 16,800.05 +367,282,830円
2007年8月10日 16,923.21 16,948.96 16,651.71 16,764.09 -284,284,275円
2007年8月9日 17,170.36 17,274.33 17,148.95 17,170.60 +138,073,775円 商社株を中心に50億円ほど買い儲けた
2007年8月8日 16,930.39 17,085.10 16,911.68 17,029.28 不明
2007年8月7日 17,009.63 17,049.45 16,863.46 16,921.77 不明
2007年8月6日 16,781.14 16,951.98 16,675.39 16,914.46 不明
2007年8月3日 17,019.80 17,102.07 16,913.27 16,979.86 不明
2007年8月2日 16,956.33 16,999.16 16,652.80 16,984.11 不明
2007年8月1日 17,169.20 17,169.20 16,845.54 16,870.98 不明

BNF氏が8月9日~17日の暴落相場で負けた日は、10日と17日の2日のみ。8月9日~17日での総利益は約3億8000万円です。

リバウンド狙いの逆バリ投資に徹したとのことです。

▼BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする