株取引の私設市場に欧州最大手が参入 野村傘下のチャイエックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式の私設取引システム(PTS)で欧州最大手の「チャイエックス・グローバル・インク」が日本に参入し、2010年夏をメドに日本株の私設市場を開設します。

日本株の私設市場の運営を担当するのはチャイエックス・ジャパンです。チャイエックス・ジャパンは、チャイエックス・グローバル・インクの日本法人です。

チャイエックス・グローバル・インクは、野村ホールディングスのグループ会社です。

以下、野村ホールディングスのウェブサイトにある発表文(PDF)からの抜粋です。

チャイエックス・グローバル、日本における私設取引システム開業準備について発表 (PDF 29KB)

 チャイエックス・グローバル・インク(以下、「CXG」)は、その日本法人であるチャイエックス・ジャパン株式会社(以下、「CXJ」)が、日本におけるPTS(Proprietary Trading System:私設取引システム)業務を2010年夏までに開業することを目指して、必要な監督当局への登録及び認可の申請準備を進めていると発表した。

 CXJの提供するPTSは、取引所における取引のように、参加者の売買状況が開示されて、継続的に対当される方式を採る。また、本年10月1日に株式会社日本証券クリアリング機構(以下、「JSCC」)が、2010年7月以降を目途にPTSにおいて成立する有価証券の売買を清算対象取引に追加するための制度改正等の認可を得る準備を進めていると発表したことを踏まえ、CXJにて成立する売買についてもJSCCによる清算の対象とする計画である。

 チャイエックスのアジア太平洋地域CEOであるRon Gould(ロン・グールド)は、以下のようにコメントした。「チャイエックスの高速・低コスト・高機能の取引システムは、欧州やカナダの投資家の取引執行コスト削減とパフォーマンス向上に寄与してきた。日本の市場にも同様の貢献をしたいと考えている。また、既に運営している私設取引市場においては、チャイエックスの持つ先進的な取引システムも一助となり、取引執行スピードを重要視する投資家が参加、運営する私設取引市場のみではなく市場全体の取引高を高めることに寄与している。日本においても、同様に市場全体の流動性向上に貢献していきたい。」

 CXJの代表取締役である、Joseph Meyer(ジョセフ・マイヤー)は以下のように述べた。
「JSCCの新業務や、来年初頭から稼動が予定されている東京証券取引所の次世代売買システムであるアローヘッドの導入により、本邦株式の取引執行のあり方は新しい時代に入ると考えている。欧米の市場においては、技術革新と取引所間の健全な競争は市場全体の取引高増加に寄与している。当社も同様に、既存取引所や他のPTSとの競争を通じ、市場の執行クオリティの向上に貢献していきたい。」

 CXGは、株式等の電子取引で高い実績を持ち、野村ホールディングス(株)を持株会社とする金融サービスグループである野村グループに属するインスティネット・インコーポレーテッドの傘下企業である。現在は、CXGの子会社であるチャイエックス・カナダ・ATS・リミテッドがカナダで私設取引市場を運営しているほか、アジア地域ではシンガポール証券取引所と合弁で機関投資家の大口取引のための私設取引市場を運営する会社である「チャイイースト」を設立、2010年半ばの開業を目指して準備を進めている。また、同じくインスティネット・インコーポレーテッドの傘下企業であるチャイエックス・ヨーロッパ・リミテッドが、欧州において私設取引市場を運営している。

以 上

PTSについて詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事が参考になります。

  1. 株式私設市場に欧州最大手が参入 野村傘下のチャイエックス・・・日経新聞
  2. 有利な気配値を選べ、日本株のPTS取引拡大-10月売買代金は最高・・・ブルームバーグ
  3. 株の私設市場、急拡大 ジャスダックに匹敵・・・日経新聞

チャイエックス・ジャパンの来年夏に開設予定のPTSですが、個人投資家でも参加できるのか今のところ判りません。

野村ホールディングスから続報が出たら、当サイトで記事に取り上げます。

▼関連記事

ジャパンネクストPTS、カブドットコムPTS、マネックスナイターの比較

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする