現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです【PTS】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.11.28 Last Update!

night_stock_trade_japan

日本国内のオンライン証券業界では、個人投資家が株の夜間取引を行うことができる会社は、2011年まで7社ありました。しかし、そのうち5社が夜間取引サービスを廃止し、1社が休止中です。

というわけで、残った1社であるSBI証券だけが、現在も日本株の夜間取引サービスを個人投資家向けに提供しています。

SBI証券の証券取引口座を開設すれば、月曜日~金曜日の19:00~23:59の間、国内株式の取引ができるようになります。

このSBI証券の夜間取引システム(PTSナイトタイムセッションですが、長所は大きくいって三つあります。

  1. 日中、仕事をしている人でも夜に株取引ができる
  2. 15時以降に発表された株式ニュースや、IR情報(投資家向け広報 )を夜間の株取引に生かすことができる
  3. 株式の売買手数料が通常より安い

一つ目のメリットですが、夜間に取引システムが動いているので、昼間働いているサラリーマンの方でも、夜間に株取引を行うことができます。

二つ目のメリットですが、15時以降に発表された株式ニュースや、IR情報(投資家向け広報 )を夜間の株取引に生かすことができます。

例えば15時以降に保有銘柄に関係した悪いニュースが発覚した場合ですが、SBI証券以外の証券会社を使っている投資家は、株の売却の注文を出しても、売却の注文が執行されるのは最短で翌日です。

しかし、SBI証券を使っている個人投資家は、その日の夜に株を売却できる可能性があります(もちろん、他の投資家からの買い注文が出ていないと約定しませんが)。

SBI証券のユーザーは、他の証券会社のユーザーに比べて、夜間取引がある分、売買のチャンスが多いわけです。

三つ目のメリットですが、SBI証券で「スタンダードプラン」という手数料体系を選んでいるユーザーは、東証などの通常の株式市場で株を売買するより、夜間取引で売買した方が、株式売買手数料が安くなります。

以下、SBI証券で日本株の現物株取引をした場合の手数料の比較です。

1注文の約定代金

PTS取引手数料

(スタンダードプラン)

SBI証券の通常手数料

(スタンダードプラン) (東証で約定した場合)

~10万円
132円(税込142円)
139円(税込150円)
~20万円
176円(税込190円)
185円(税込199円)
~50万円
259円(税込279円)
272円(税込293円)
~100万円
462円(税込498円)
487円(税込525円)
~150万円
553円(税込597円)
582円(税込628円)
~3,000万円
876円(税込946円)
921円(税込994円)
3,000万円超
924円(税込997円)
973円(税込1,050円)

ちなみに、SBI PTSでは、インターネットに繋がっている下記の端末のどれかがあれば、取引が可能です。もちろんSBI証券の証券取引口座も必要です。

▼以下の端末でPTS取引が可能

  • windowsパソコン (windows7かwindows8.1かwindows10のPC)
  • パソコン用株取引ソフトであるHYPER SBIをインストールしたwindowsPC
  • 「HYPER 株アプリ」をインストールしたiPhone、iPod touch、iPad
  • 「HYPER 株アプリ」をインストールしたAndroidスーマトフォンやAndroidタブレット
  • インターネットに繋がっており、ブラウザ機能を搭載した携帯電話(いわゆるガラケー)
  • 携帯電話用アプリHYPER mobileをインストールした携帯電話 

なお、SBI PTSは「月曜日から金曜日の19:00~23:59」だけでなく、「月曜日から金曜日の8:20~16:00」も株取引を行うことが可能です。

ですから、株取引の手数料を安くしたい方は、「昼間、東京証券取引所などを使わず、SBI PTSでの売買を狙えばよい」ということになります。

▼関連記事

SBI証券の「HYPER 株アプリ」を使った感想

HYPER SBIで全板サービスが利用可能になりました

SOR注文とは 【株式用語解説】

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

SBI証券のPCサイトでロイター・ニュースが閲覧可能に【6月29日から】

SBI証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

リアルタイム・トレーディングツールHYPER SBIの無料利用条件が緩和

SBI証券のiDeCoで投資を行うメリットとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする