IFD注文とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IFD注文 (読み:イフダンちゅうもん)

株取引・日経225先物取引・FX取引において、IFD注文という特殊注文が使える証券会社があります。株取引では、ライブスター証券などでIFD注文が使えます。

IFD注文とは「if done=イフ・ダン注文」のことです。日本語に訳すと「もし~~した場合」という意味です。

最初に注文した取引が成立した場合、事前に、その次の売買も予約しておくことができる注文方法です。

例えば、IFDを使えば、「A銘柄の株を1000円で買い注文を出しておく。もし1000円で買えたら、その後は1200円で売却の予約」という注文を出すことができます。

IFD注文の具体例については、ライブスター証券による解説が判りやすいので、ライブスター証券のウェブサイトから抜粋しておきます↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特殊注文の解説【PDF】 – ライブスター証券

▼IFD注文とは

IFD注文
(イフダン注文)

もし(IF)ひとつめの注文が成立したら、(DONE)もう一方の注文が有効になります。

買付注文約定時に売却注文が自動で発注されるよう、利益幅(損失幅)を事前に設定しての取引が可能です。

  ~~~中略~~~

★ケース2「売却・返済をいちいち設定するのはめんどう・・・」
IFD注文を活用して反対売買もまとめて発注しよう!

通常注文は、希望の価格で買付が成立しても、価格を見ていなかった時に限って売却したい価格が出ていたなど売却のタイミングを逃してしまうことがあります。

こんなとき、IFD注文なら、買付時に利益を確定するための反対売買をまとめて発注できます。

これにより、ザラ場で売却注文を発注できない時でも、利益を確定させることが可能です。また、売却注文まで1 回の発注で済むため、より多くの注文を出す投資家の方には便利な注文方法といえます。

通常注文だと・・・
<寄り前>
「A銘柄の株を1,000 円で買い注文を出しておこう!」

<引け後>
「ザラ場は見られなかったけど買えているぞ!でも引けではすごく下がっている。一度は騰がっていたのに利益確定し損ねたな・・・」

IFD注文なら!
<寄り前>
「A銘柄の株を1,000 円で買い注文を出しておこう。日中は相場を見られないから、もしも買えた時のために、売り注文も出しておきたいな。ちょっと強気に1,200 円以上で!」

<引け後>
「ザラ場は見られなかったけど買えているぞ!さらに希望通り1,200 円以上で売れている!相場が見られない間でも利益を出せた!!」

▼活用方法

↓クリックで拡大可能

ifdchumon_livestar.png

~~~以上、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋~~~

FX取引でIFD注文が使える証券会社はたくさんあります。

しかし、「日本株取引・日経225先物取引・FX取引」の全てで、IFD注文が使える証券会社はほとんどありません。

「日本株取引・日経225先物取引・FX取引」の全てでIFD注文が使える証券会社としては、ライブスター証券が挙げられます。

▼関連記事

ライブスター証券のメリットとは

ライブスター証券、全商品 取引手数料「0円」キャンペーン実施中

ライブスター証券、日経225miniと日経225先物の手数料を値下げ

ライブスター証券、信用取引の手数料と金利を引き下げ

ライブスター証券(旧会社名:アイディーオー証券)、日経225先物取引の必要証拠金率を引き下げ

ライブスター証券、「iPhone版 Livestar FX」を提供開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする