松井証券、オープンハウス株など無期限信用取引の空売り可能銘柄を2社追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券では無期限信用取引(一般信用取引)空売りをすることができます。

その松井証券ですが、2016年8月31日から無期限信用取引の「売建可能銘柄」に、下記の2社を追加しました。これで無期限信用取引の空売りができる銘柄は全部で830銘柄となりました。

銘柄
コード
銘柄名 制度信用
取引
無期限信用
取引
一日信用
取引
3288 (株)オープンハウス
追加
9974 (株)ベルク
貸借
追加
追加

以下、無期限信用取引で空売りすることのメリットとデメリットのまとめです。

▼無期限信用取引を使って空売りすることの長所

  • 建玉の返済期限が無期限の証券会社が多い。
  • 逆日歩がつかない

▼無期限信用取引を使って空売りすることの短所

無期限信用取引は逆日歩が発生しないので、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」をする際に便利です。

クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」について興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックして下さい。

今回、追加された無期限信用取引ができる銘柄の中で注目株は、オープンハウス株ですね。クロス取引を利用し、株主優待のQUOカードをもらいたいと思う人はいるでしょう。

ちなみに、人気銘柄については空売りが多くなりすぎて株券不足になると、証券会社の都合でいきなり一般信用空売りが禁止になったりすることも よくあります。その点は注意してください。

なお、松井証券の無期限信用取引で空売りができる銘柄一覧については、下記リンク先の松井証券ウェブサイトのcsvファイル※をご覧下さい。

無期限信用取引「売建」取扱銘柄csv・・・松井証券

ちなみに、2013年1月から、この無期限信用取引の対象銘柄の多くが 「一日信用取引」の対象銘柄としても指定されています。 「一日信用取引」はデイトレード限定とする代わりに取引手数料が無料となる信用取引サービスです。

「一日信用取引」に興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

松井証券の「一日信用取引」の解説

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

【無期限信用取引】【一日信用取引】売建銘柄を追加します

2016年8月30日

松井証券は8月31日(水)取引分より、無期限信用取引「売建」取扱銘柄を2銘柄、一日信用取引「売建」取扱銘柄を1銘柄、新たに追加します。

無期限信用取引、一日信用取引の「売建」銘柄は、今後も株式の調達状況等に応じて、順次拡大していく予定です。

新規追加銘柄

銘柄
コード
銘柄名 制度信用
取引
無期限信用
取引
一日信用
取引
3288 (株)オープンハウス
貸借
追加
9974 (株)ベルク
貸借
追加
追加

無期限信用取引、一日信用取引の取扱銘柄

売建

無期限信用取引、一日信用取引の「売建」銘柄は当社指定の銘柄です。そのため、制度信用取引では売建できない非貸借銘柄も売建が可能です。

↓CSVファイルのダウンロード

買建

無期限信用取引、一日信用取引の「買建」銘柄は、取引所に上場している全ての銘柄です。そのため、新規上場銘柄も上場初日から取引可能です。

▼ご注意

  • 「売建」銘柄は、当社指定の銘柄が対象ですが、株式の調達状況によっては新規取引を停止する場合があります。
  • 「買建」銘柄は、整理銘柄を除く当社取扱銘柄が対象ですが、当社の判断により取扱対象外となる銘柄があります。
  • 取引所等による取引規制、および当社規制については、ネットストック取引規制でご確認ください。

~~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~~

csvファイルについて

※csvファイルをブラウザで開くことができなかった方は、csvファイルをダウンロードしてExcelで開いてください。

「csvファイルを見ようにも、windowsのパソコンにExcelをインストールしていない」という方は、「OpenOffice.org」という無料ソフトをダウンロードしましょう。

OpenOffice.orgは、下記リンク先のウェブサイトで最新版をダウンロードできます。

OpenOffice.org(オープンオフィス・ドット・オルグ) 日本語プロジェクト

「OpenOffice.org」には、Calc(カルク)という表計算ソフトが搭載されています。このCalcで、Excelファイルやcsvファイルを見ることができます。この記事で紹介したcsvファイルを開くことが可能です。

▼関連記事

逆日歩のかからない空売りをする方法

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説

SBI証券、一般信用取引に「無期限売り」を追加

カブドットコム証券、一般信用取引の空売り可能銘柄を402社追加

カブドットコム証券、「一般信用(売短)」の貸株料を3.9%に引き下げ

松井証券の「一日信用取引」の解説

オリコンの株価がストップ高 3000円の逆日歩発生で踏み上げ相場に

信用取引とは 【株式用語解説】

QUICKリサーチネットを無料で利用できる証券会社

松井証券の「ネットストック・スマート」を使った感想

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする