株取引アプリ「株touch」のiPhone版が機能改善【チャート追加。約定Push通知導入】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、当サイトで「スマホ向け株取引アプリ「株touch」のAndroid版が機能改善」という記事を配信しました。

松井証券がスマートフォン用の株取引アプリである「株touchのAndroid版」の機能を改善し、サイコロジカルなどのチャート機能を新たに追加したという旨の記事でした。

さて、2014年2月に「株touchのAndroid版」の機能が改善されたのですが、2014年3月24日に「株touchのiPhone版」の機能が改善される予定です。主な機能改善は、下記の三つです。

  1. 約定Push通知の導入 – 「株touch」を起動していない状態でも、注文が約定した際に「銘柄名」「約定価格」「約定数量」等を端末上で通知する機能
  2. チャート機能の追加 – 足種別やテクニカル指標、比較チャートを追加します
  3. 為替表示の追加 – 「情報検索メニュー」内に為替一覧を追加

▼関連記事

ちなみに、株touchは株取引だけでなく、日経225先物・日経225mini・日経225オプションの取引もできます。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

スマートフォン向け取引アプリ「株touch」の機能改善について

2014年3月7日

松井証券では、3月24日(月)(予定)より、ネットストック会員専用のスマートフォン向けトレーディングアプリ「株touch」(iPhone版)の機能を改善します。

これに伴い、より便利に「株touch」をご利用いただけるようになります。

 ~~中略~~

主な機能改善の内容

約定Push通知の導入

「株touch」を起動していない状態でも、注文が約定した際に「銘柄名」「約定価格」「約定数量」等を端末上で通知する機能です。リアルタイムでお知らせしますので、タイミングを逃さず次の取引に繋げることができます。

kabutouch_kino_kaizen_20140324_001.gif

kabutouch_kino_kaizen_20140324_002.gif

※画面イメージは開発中のものです。

チャート機能の追加

足種別やテクニカル指標、比較チャートを追加します(表内赤字)。また、トレンドラインの描画機能も実装するため、 利便性が向上します。

kabutouch_kino_kaizen_20140324_003.gif

kabutouch_kino_kaizen_20140324_004.gif

【株価チャート】

種別
メインチャート
サブチャート
比較チャート
  • Tick
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • エンベロープ
  • 出来高
  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RSI
  • DMI
  • サイコロジカル
  • ヒストリカル・ボラティリティ
  • 信用残(週足のみ)
選択銘柄と比較対象(比較銘柄、日経平均、TOPIXのうち最大3つ)を1画面で比較表示

【先物チャート/オプションチャート/日経平均チャート】

種別
メインチャート
サブチャート
  • Tick
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • エンベロープ
  • 出来高
  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RSI
  • DMI
  • サイコロジカル
  • ヒストリカル・ボラティリティ

為替表示の追加

「情報検索メニュー」内に為替一覧を追加します。株式や先物を取引しながら為替動向がチェックできるので、取引の判断に役立ちます。

kabutouch_kino_kaizen_20140324_005.gif

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPhoneとAndroidの両方に対応したトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする