マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年9月13日、マネックス証券が米国株取引サービスにおいて、ツイン指値注文と連続注文を導入しました。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

ツイン指値など、米国株の取引機能をさらに強化

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_001.gif

米国株の立会時間は日本時間深夜。株価の値動きを見るのが難しい時間帯です。

そこで、2013年9月13日の取引時間終了後(現地取引日基準)より、米国株取引サービスにおいて、連続注文・ツイン指値注文などの注文機能をリリース。利益確定・損切りなどの注文をあらかじめ設定できるようにします。

株価をずっと見ている必要はありません。大手オンライン証券(*)ではマネックス証券だけの注文機能で、もっと米国株取引を活用しましょう。

※ 主要オンライン証券はSBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。 そのうち、カブドットコム証券と松井証券は米国株取引サービスを行なっていません。

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_002.gif

  1. ある注文が約定したら、自動で子注文を発注する連続注文機能
  2. 利益確定・損切りに便利なツイン指値注文機能
  3. 一度に五銘柄のチャート表示機能

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_003.gif

▼3分で分かる新注文機能
(動画)

「連続注文」「ツイン指値注文」機能の紹介、また、5銘柄表示が可能になり、強化されたチャート機能もご案内いたします。

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_004.gif

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_005.gif

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_006.gif

注文バーに新たに「条件付注文」画面が加わります。

「条件付注文」では、「連続注文」「OCO注文(ツイン指値)」「OCO注文(OCOs)」といった便利な注文を出すことができるようになります。

■ 追加される注文の種類

連続注文

ある注文(親注文)の約定後、自動的に次の注文(子注文)を出す注文機能です。

たとえば、ある銘柄を買い付けたあと、その銘柄の利益確定注文や損切り注文が出されるようにあらかじめ指定できます。

取引状態やマーケットをずっと見ていられないお客様におすすめの注文機能といえます。

OCO注文(ツイン指値)

ある銘柄に2つの注文を出す注文機能です。一方の注文が約定した場合、もう片方の注文は自動的に取り消されます。たとえば、利益確定注文(指値注文)と損切り注文(逆指値注文)を同時に出しておくなどの使い方が可能です。

連続注文と組み合わせることでより便利になります。

OCO注文(OCOs)

複数の注文を出しておき、その中のどれかの注文が約定した場合、残りの注文は全て取消される注文機能です。複数の銘柄の中からどれかを買いたいときなどに便利です。

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_007.gif

「新しい注文機能を使えば、今以上にチャンスが広がりそう。注文の有効期間が最長90日もあるマネックスの米国株取引だからこそ活かせる機能ね。」

注文有効期限の詳細

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_008.gif

monex_beikoku_twin_sashine_20130913_009.gif

従来は一銘柄分しか表示できなかったチャートが、五銘柄まで表示可能になりました。複数表示している場合は、①のようにタブ形式で表示されます。タブを消す場合は「×」ボタンを、チャートを追加する場合は②の「+」ボタンを押してください。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券のメリットとは

マネックス証券、信用取引ルール変更 (確定利益をデイトレで保証金として使用可能に)

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス証券、米国株・米国ETFを計100銘柄追加

マネックス証券、「米国株四半期速報」をリリース

米国株を買えるネット証券3社の比較

未成年(20歳未満)でも株取引の口座を作ることができる証券会社

マネックス証券、iPhone向け株式取引アプリ「マネックストレーダー スマートフォン(iPhone)」をリリース

マネックス証券、マネックストレーダー スマートフォン Android版をリリース

「マネックストレーダー for iPad」を使った感想 【レビュー】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする