資産48億円トレーダーのcis氏とSBI北尾CEOの対談記事が月刊サーカスに掲載

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月4日発売の月刊サーカス9月号に、資産48億円トレーダーのcis氏とSBIホールディングス代表取締役CEO北尾氏の対談記事が載っています。以下、月刊サーカスからの抜粋です。

マネー誌ではできなかった「両巨頭」による夢の頂上対談、ついに実現!

SBIホールディングス代表取締役CEO北尾吉孝
100万円48億円にしたカリスマとレーダーCisが語りつくした!!
株式投資で本当に儲ける方法 前編

株入門者、初心者から百戦錬磨のデイトレーダーまで・・・絶対必読! 儲けの虎の巻!!

と、大仰な記事のタイトルをつけてますが、先日イートレ長者村に載った二人の対談記事とほとんど内容が一緒です。

イートレ長者村に参加していないけれどcis氏に興味があるという人は、月刊サーカスを立ち読みすればよいのではないでしょうか。

なお、イートレ長者村に載っていなかった内容もあります。「cisさんと1問1答」というコーナーです。概要をまとめてみました。

Q1 cisさんがデイトレードを始めたきっかけは?

低金利でお金を銀行に預けていても時間の無駄だと思ったから

Q2 これからデイトレードを始める人たちへのアドバイスは?

相場のトレンドを感じることが大切。デイトレードするには大型株上場トレンド、輸出銘柄上場トレンド、原発関連上昇トレンドなど、トレンドに逆らわずに売買することが肝要

Q3 一番やばくなった時はどんな状態だったか?

20連敗して資産が100万円を切った

Q4 やばくなったとき、なぜ踏みとどまれたのでしょうか?

3年がんばろうと思っていたから。1年で苦境は乗り越えた

Q5 サラリーマンが仕事の傍らにやって、勝てますか?

十分可能。ずっとザラ場を見られない人はとにかく日足(ひあし)というチャート重視で売買した方がいい。そして、損切りは早く、買った株が上がったら上昇している限りは粘って(利益を)大きく取ることが大切。あと、株式投資はリスクがあるので余剰資金でやるのがおすすめ。

BNF氏やcis氏のインタビュー記事を読むと、短期トレードでは業種(セクター)ごとに値動きを観察することが重要なのだと思わされます。

解説

  1. cis氏・・・48億円の資産を持つ個人トレーダー。詳細はこちら→cis(しす)とは – EthnaWiki
  2. 北尾吉孝氏・・・SBIホールディングスの代表取締役CEO。詳細はこちら→北尾吉孝とは Wikipedia
  3. イートレ長者村・・・SBIイー・トレード証券ユーザー専用のSNS。運営はSBIホールディングス。SNSとは人と人とのつながりを促進する、コミュニティ型のWebサイトのこと。趣味や嗜好、居住地域、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービス。
     SNSの代表例はmixi。参加に招待状がいるmixiと違って、イートレ長者村はイートレード証券ユーザなら誰でも参加ができる。

関連記事

関連銘柄特集ページ

資産48億円トレーダーcisさん関連カテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする