岡三オンライン証券、新規公開株式(IPO)取扱い開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券が 2013年10月21日に、新規公開株式(IPO)の取扱いを開始します。

以下、岡三オンライン証券の発表文からの抜粋です。

~~~~

岡三オンライン証券

各 位 平成25年10月18日
岡三オンライン証券株式会社

新規公開株式(IPO)サービス提供開始のお知らせ【PDF】

岡三オンライン証券株式会社は、平成25年10月21日(月)より、新規公開株式(IPO)サービスの提供を開始しますのでお知らせいたします。

取扱い銘柄が決まりましたら、岡三オンライン証券のウェブページ上でお知らせいたします。

~~以上、岡三オンライン証券の発表文からの抜粋~~

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

新規公開株式(IPO)

「新規公開株式」は、それまで証券取引所に未上場だった企業が、株式を新規に上場する際、新株の発行(公募増資)や売出をおこなう株式です。Initial Public Offering(最初の公開された売り物)の頭文字をとって、IPOとも言います。

また、すでに上場している企業が、新たな資金調達を目的として、新株の発行(公募増資)や売出をおこなう株式は、Public Offering(公開された売り物)の頭文字をとって、POと呼びます。


当社では、当面の間、新規公開株式(IPO)のみの取扱い予定です。

取引概要

新規公開株式(IPO)のお取引いただく際の概要になります。詳しい情報は「お取引ルール」をご覧ください。

取引手数料 無料
取扱い銘柄 東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)に新規公開する企業
参加条件
  • 当社で新規公開株式をご購入いただくには 、当社の証券総合取引口座を開設し、抽選申込にご参加いただく必要があります。
  • 個人、法人問わずいずれのお客さまもご参加いただけます。


コールセンターでの申込は取扱しておりません。(WEB上での目論見書の確認が必要です。)

購入手続き

(1)
抽選申込

(2) 残高の確認と入金

(3)
抽選結果の確認

(4) 購入申込

(5)
約定

okasan_IPO_20131021_01.jpg

~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、IPOで重要な抽選ルールですが、岡三オンライン証券のウェブサイトによると「抽選申込を行なったお客さまの数が当社割当株式の単元数を上回る場合は、配分の機会を公平に提供するため100%抽選で配分を行ないます。できる限り多くのお客さまに配分されるようお客さまへの配分数量は原則1単元といたします。」ということです。

岡三オンライン証券の発表文を信じるなら、岡三オンライン証券のIPO抽選ルールは「100%完全抽選」となります。

他にIPOで「100%完全抽選」をうたっている証券会社としてはマネックス証券があります。

▼関連記事

岡三オンライン証券、信用取引手数料「プレミアゼロ」においてワンショットコースの手数料を有料化

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」の適用基準を変更

岡三オンライン証券、大口顧客の手数料優遇コース「プレミアゼロ」「プラチナ」の適用期間を改定

岡三オンライン証券のメリットとは

岡三オンライン証券、書籍「アベノ 爆騰株 ガチ勝ち! 130銘柄」プレゼントキャンペーン実施

岡三オンライン証券、3月1日から信用取引の金利を改定、大口顧客優遇廃止・貸株料率値上げ

岡三オンライン証券、岡三ネットトレーダーシリーズに四つの機能を追加

岡三オンライン証券、株の現物取引と信用取引の手数料を改定

岡三ネットトレーダーとプレミアムの月額利用料金が値下がり

岡三ネットトレーダーWEBの利用料が無料化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする