au、2年間の継続契約で月額利用料が半額になる「誰でも割」を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIがau携帯電話の基本料金を初年度から半額にする新割引サービス「誰でも割」を9月1日から導入すると発表しました。2年契約のユーザーを対象とし、これまで長期契約者のみに適用していた高い割引率を、新割引サービスの加入者すべてに適用します。

auが新たに導入する「誰でも割」では、従来の家族割引などで初年度の36.5%から11年目の50%まで段階的に引き上げていた基本料金の割引率を、一律50%に設定しています。

以下、KDDIのウェブサイトからの抜粋です。

「誰でも割」の導入について
~ご利用年数に関わらず基本使用料がいきなり半額~

No. 2007-179
KDDI株式会社
沖縄セルラー電話株式会社

2007年7月19日

KDDI、沖縄セルラーは、au携帯電話において、本年9月1日 (土) より、2年間の継続契約を条件に、ご家族でご利用いただいても、ひとり (単独回線) でも、法人のお客様でも、ご利用年数に関わらず、「年割」+「家族割 (法人割)」の基本使用料の最大割引を適用する「誰でも割」を導入します。

これにより、au携帯電話「CDMA 1X WIN」では、月々の基本使用料が半額となり、ご利用年数1年目の場合、従来の「MY割 (法人MY割)」や「年割」+「家族割 (法人割)」適用時に対し13.5%割引率が拡大します。

また、KDDIは、本年7月20日 (金) より、現在実施中のキャンペーン「ダブル定額deチャンス」の適用条件に、「MY割 (法人MY割)」を追加します。新規契約時に「MY割 (法人MY割)」もしくは「パケット通信定額サービス」にご契約いただくと、初月の基本使用料から4,410円 (税込) を割引きます。

これにより、「誰でも割」提供開始前の7月20日 (金) ~8月31日 (金) までに新規にご契約いただく方も、「MY割 (法人MY割)」に先行お申込みいただくことでキャンペーンの特典が受けられ、9月ご利用分より自動で「誰でも割」が適用されます。
※ 沖縄セルラーでは「ダブル定額deチャンス」は実施していません。

「誰でも割」の詳細は別紙をご参照ください。

以下、別紙からの抜粋です。

「誰でも割」の導入について〈別紙〉

●1. 概要

「誰でも割」は2年間の継続契約を条件に、これまでのご利用期間に関わらず、月々の基本使用料を大幅に割引くサービスです。

「誰でも割」にご契約いただいた月のご利用分から、「CDMA 1X WIN」は基本使用料を半額に、また、「CDMA 1X」は「年割」+「家族割 (法人割)」ご契約時の 基本使用料の最大割引を適用します。基本使用料に含まれる月々の無料通話は割引後も変りません。

※ 「誰でも割」は2年単位の継続契約となるため、契約期間中に、解約/一時休止/「誰でも割」の廃止をした場合は、加入年数に関わらず、契約解除料9,975円 (税込) がかかります。

※ 「誰でも割」は廃止のお申し出がない限り2年単位で自動更新となります。

●2. 割引内容

〈CDMA 1X WIN〉

一律半額となります。



























































料金プラン
基本使用料/月
「誰でも割」適用後基本使用料/月 (割引率)
従来の「MY割」等からの最大値下げ幅 (注1)
無料通話/月
プランSS
3,600円

(税込: 3,780円)
1,800円 (税込: 1,890円)

(50%)
-486円

(税込: -510円)
1,000円

(税込: 1,050円)
プランS
4,700円

(税込: 4,935円)
2,350円 (税込: 2,467円)

(50%)
-634円

(税込: -666円)
2,000円

(税込: 2,100円)
プランM
6,600円

(税込: 6,930円)
3,300円 (税込: 3,465円)

(50%)
-891円

(税込: -935円)
4,050円

(税込: 4,252円)
プランL
9,500円

(税込: 9,975円)
4,750円 (税込: 4,987円)

(50%)
-1,282円

(税込: -1,346円)
6,300円

(税込: 6,615円)
プランLL
15,000円

(税込: 15,750円)
7,500円 (税込: 7,875円)

(50%)
-2,025円

(税込: -2,126円)
12,000円

(税込: 12,600円)
コミコミデイタイムWIN
9,500円

(税込: 9,975円)
4,750円 (税込: 4,987円)

(50%)
-1,282円

(税込: -1,346円)
5,200円

(税込: 5,460円)


























料金プラン
基本使用料/月
「誰でも割」適用後基本使用料/月 (割引率)
従来の「MY割」等からの最大値下げ幅 (注1)
無料通話/月
デイタイムプランWIN (注2)
4,000円

(税込: 4,200円)
1,800円 (税込: 1,890円)

(55%)
-740円

(税込: -777円)














注1)? 従来の「MY割 (法人MY割) 」や「年割」+「家族割 (法人割) 」におけるご利用年数1年目との比較。
注2)? 法人のお客様には、「デイタイムプランWIN」と「誰でも割」にご契約いただくことで、「法人エコノミープランWIN」を提供します。



〈CDMA 1X〉

「年割」+「家族割 (法人割)」の基本使用料の最大割引を適用します。

●3. 提供開始日

2007年9月1日 (土)

●4. 受付方法

(1) 新規契約・機種変更のお客様
受付開始日: 2007年7月20日 (金) より先行受付
お申込み方法: au取扱店にてお申し込み下さい。
※ 「MY割 (法人MY割)」をお申込みいただくと、8月ご利用分までは「MY割 (法人MY割)」の割引が適用され、9月ご利用分より「誰でも割」が適用されます。

(2) auご利用中のお客様 既に「MY割 (法人MY割)」にご契約のお客様は9月ご利用分より「誰でも割」が適用されます。お申込みは不要です。

「MY割 (法人MY割)」未契約のお客様は、下記の手続きにてお申込みください。
受付開始日: 2007年8月13日 (月)
お申込み方法: 下記参照

個人のお客様
〈EZwebから〉
「EZ」 → 「トップメニュー」 → 「auお客さまサポート」 → 「申込む/変更する」 → 「料金割引サービス」

〈PCから〉
KDDIホームページ → 「お客さまサポート」 → 「MY KDDI」

〈店頭〉
auショップ、PiPit

〈お電話でのお申込み〉
auお客様センター
au電話から 局番なし 157 (無料)
一般電話から フリーコール 0077-7-111 (無料)
受付時間: 9:00~20:00 (土日・祝日も営業)

法人のお客様
〈店頭〉
auショップ、PiPit

〈お電話でのお申込み〉
モバイルソリューションサポートセンター (法人専用)
TEL : 0077-7041/0120-925-041
受付時間: 9:00~20:00 (土日・祝日も営業、年末年始は除く)

●5. その他

「誰でも割」の契約期間は2年単位で、契約開始月を1ヶ月目とします (「年割」「ガク割」「スマイルハート割引」の契約期間は引き継がれません)。

「誰でも割」と「家族割 (法人割)」にご契約の場合、「家族割 (法人割)」の本数としてカウントされ、「誰でも割」の基本使用料割引とグループ内の通話料割引およびCメール送信料が無料となります。また、「分け合いコース」ご選択の場合は、無料通話の共有が可能です。

請求書には、「MY割」として記載されます (準備が整い次第、「誰でも割」に変更予定)。

~~~以上、KDDIのウェブサイトからの抜粋~~~

ソフトバンクモバイルのホワイトプランや、NTTドコモ 【東証1部:9437】ファミ割MAXに対抗するためにKDDIも対抗策を打ち出してきました。

新サービス「誰でも割」は、いきなり基本料金が半額になりますが、2年間の契約の縛りがあります。契約解除料は9975円ですが、私はこの解除料金は高くないと思います。auの携帯が好きで今後も当分の間は使い続けるという人は、加入してもいいでしょう。

なお、既に「MY割に加入しているユーザーは、9月利用分から「誰でも割」が適用されます。というわけで、MY割加入者のほとんどは9月から料金が値下げになります。

携帯電話業界の今後の料金体系について

「ファミ割MAX」も「誰でも割」も2007年9月からの導入なので、年内はどこの事業者も料金値下げはないでしょう。携帯電話事業者3社は、9~12月の契約純増数を見てから、来年以降、また料金体系について検討をすることになると思われます。

今年は、ソフトバンクが値下げ(ホワイトプランを導入)をし契約純増数首位になったため、docomoやKDDIも値下げせざるを得ない状況になりました。

これは消費者としては喜ぶべきことですが、3社に投資をしている投資家の立場から見れば厳しい状況でしょう。

来年、またソフトバンクが料金引き下げ競争のトリガーを引くのか、注目が集まるところです。

「誰でも割 (だれでもわり)」について個人的感想

auのケータイを解約してもいいのかなと思いました。私、au利用歴が7年目になっており、長期利用割引率が40%以上あります。割引率が高いので、「auを解約して利用歴がなくなると損だな」と感じていました。しかし、「誰でも割」があればauをいったん解約しても、また気軽に戻ってくることができるので、私の中でau解約のハードルは下がりました。

私は、ウィルコムのPHSとソフトバンクの携帯も持っていて、親しい友人との通話はほとんどその2社で事足りています。ですから、料金的な面を考えるとauを解約した方がいいのです。

しかし、auは全てのキャリアの中で一番エリアが広い点は魅力です。また、auを解約すると新しいメールアドレスを友人・知人に報せないといけない点がネックになっています。

ナンバーポータビリティーでメールアドレスも他社に移せるようになればいいのですが、当分そうなる可能性はなさそうです。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする