カブドットコム証券が経団連に加盟、ネット証券で初

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月17日、カブドットコム証券日本経団連に加盟しました。経団連に加盟している証券会社は30社弱ありますが、ネット証券としては初の経団連への入会となります。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

2007年7月17日

社団法人日本経済団体連合会への入会のお知らせ

カブドットコム証券株式会社は、平成19年7月17日開催の社団法人日本経済団体連合会理事会において、オンライン専業証券としては初めて同会への入会が承認されましたので、お知らせいたします。

当社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社としてMUFGグループのネット戦略の一翼を担う位置づけにあり、また、平成19年6月29日には株式会社日本格付研究所による当社格付け見直し(格上げ)が行われております。更に今般、オンライン専業証券としては初めて同会に入会することとなり、これらを契機に我が国企業社会における確固たる地位を築いてまいりたいと考えております。

これまでも、当社では企業行動憲章を制定し「社会に貢献する企業・社会の信頼を得られる企業」を目指してきたほか、品質マネジメントシステム等の国際規格(ISO)の取得、積極的なディスクロージャー等に取り組んでまいりました。今般の入会後は、当社ならでの「IT」と「金融」の視点を活かしつつ、「イノベーションの推進」「金融市場の活性化」など、同会が掲げる各種テーマへの取り組みに参画してまいる所存です。

今日の取引時間前に、日経新聞が「カブコム経団連へ加入」のニュースを配信しました。しかし、今日のカブドットコム証券の株価は前日比-1,000 (-0.57%)の終値173,000円と振るいませんでした。株価を刺激する材料にはならかったようです。

関連情報 Wikipediaより

日本経済団体連合会とは

社団法人日本経済団体連合会(にっぽんけいざいだんたいれんごうかい)は、日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、東証第一部上場企業を中心に構成される。2002年5月に経済団体連合会(経団連)と日本経営者団体連盟(日経連)が統合して発足した。略称は日本経団連(にっぽんけいだんれん)、または経団連。有力企業が多く加盟しているため、その利害が社会問題に対する見解や主張に反映されている。与党自民党を初めとして日本の各政党に献金を行い、政界・経済界に大きな影響力を持った組織と言われて・・・

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする