OHT株の株価操縦事件、証券会社の損失は史上最悪100億円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気検査装置メーカーOHT(オー・エイチ・ティー)株の信用取引を巡り、顧客の代金未払いで証券会社に巨額損失が出ている問題について、各新聞社から続々と新しい情報が出てきています。まず、一番興味深いのが下記リンク先の東京新聞の記事です。

弁護士事務所など捜索 OHT株 不正つり上げの疑い 2007年7月14日 朝刊

東証マザーズ上場の電気検査装置開発「オー・エイチ・ティー」(OHT、広島県福山市)の株価が急落した問題で、塗料メーカーの株価操縦事件をめぐり証券取引法違反罪で起訴されたシンガポールの投資顧問会社日本支社代表関沢賢治被告(43)が、二〇〇五年にOHT株を大量取得していたことが十三日、分かった。同被告は取得から一年以内に半分以上を売却している。

さいたま地検特別刑事部は同日、六本木ヒルズ(東京都港区)に事務所を構える弁護士(53)が株価の不正なつり上げに関与した疑いがあるとみて、同法違反(相場操縦)の疑いで弁護士の事務所など関係先数カ所を家宅捜索した。関沢被告との関連について調べを進める。

この記事では、 川上塗料 【大証2部:4616】 の株価操縦疑惑で起訴され有名になった関沢賢治氏が椿康雄弁護士と連携していた可能性が指摘されています。

(新聞社によっては関沢賢治氏の漢字は「関澤」で報道されていることもあります。関沢賢治氏=関澤賢治氏です。)

また、中日新聞の記事によると、証券会社の口座の名義を椿弁護士に貸した結果、信用取引の損失を背負うこととなった商店主や会社員らが椿弁護士を訴えたとのことです。

下記リンク先の読売新聞の記事によると、商店主や会社員らが負った債務は1人あたり数億円~15億円になるとのことで、法廷闘争になるのも当然でしょう。

OHT株信用取引、証券会社の損失は史上最悪100億円 (2007年7月14日14時34分 読売新聞)

OHTの株価操縦事件を受けて、各証券会社では信用取引の契約の際の審査を厳しくするなどの対策に乗り出している模様です。

ネット証券における信用取引は2002年ごろから金利が安く、口座開設の審査が甘い、個人投資家にとっては素晴らしい時代が続いてきました。しかし、日銀のゼロ金利政策が解除され金利も上がってきましたし、口座開設の審査も厳格化されるとなると、信用取引は個人投資家にとって使いづらいものになっていくかもしれません。

ニュースサイト 参考記事

  • OHT株取引「資金源は暴力団筋」失跡弁護士、知人に説明 読売新聞2007年7月18日 new!
  • OHTの新興市場株乱高下 さいたま地検、株価操作を本格捜査へ 中日新聞 2007年7月13日 夕刊
  • 「情報の流布」で初告発 証券取引等監視委 福井新聞 2007年6月28日
  •  大証2部上場の「川上塗料」株の株価操縦事件で、証券取引等監視委員会は28日、ネット上に「来週以降、川上塗料の株価が上がる」などと書き込み、株価操縦情報を流したとして証券取引法違反(情報の流布)の疑いで東京都港区の無職中前祐輔被告(53)=同法違反罪で起訴=をさいたま地検に告発した。

    当サイト関連記事

    1. 信用取引で証券10社以上が大損・・・仕手戦で決済せず失踪 6月15日
    2. 証券会社に激震「鉄砲事件」の解説記事の紹介 6月17日
    3. 丸三証券、OHT株の信用取引に関する未回収金は7000万円 6月19日
    4. 大和証券、OHT株の信用取引を巡り10億円の損失か? 6月24日
    5. OHT株の株価操縦事件の犯人はヒルズの弁護士か? 7月4日
    6. OHT株の株価操縦事件、弁護士の裏に黒幕の存在? 7月7日
    記事下

    ▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

    私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

    • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
       また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

    • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

    • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

    • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
       2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

    • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

    • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

     

    ※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

    ※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする