SBI証券において、貸株サービスが信用取引口座でも利用可能になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券には貸株サービスがあります。貸株サービスとは、ユーザーがSBI証券の口座にある株式をSBI証券に貸出し、SBI証券が貸株料をユーザーに支払うサービスです。

2013年12月14日から、SBI証券において、貸株サービスが信用取引口座でも利用可能になります。

今までは、信用取引の口座を開設すると貸株サービスが利用不可能になっていたのですが、12月14日以降はそうではなくなります。

信用取引口座を開設しているユーザーでも、信用取引で利用している必要保証金以外の余剰株式は、貸株サービスを利用することで貸株金利をもらえるようになります。

以下、SBI証券の親会社のSBIホールディングスのウェブサイトからの抜粋です。

「貸株サービス」リニューアルのお知らせ
~貸株サービスが信用取引口座でも利用可能になります~

2013年12月11日
株式会社SBI証券

 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」という。)は、2013年12月14(土)(予定)から、現在提供しております貸株サービスにおいて、信用取引口座との同時利用を可能とすることとなりましたので、お知らせいたします。

 当社が2008年にサービス提供を開始した貸株サービスは、お客様が保有する株式を当社に貸出すことで、保有する株式を売却することなく、貸出した株式に応じた貸株金利を受け取ることができるサービスです。貸株サービスは、国内の金融商品取引所に上場しているほぼ全銘柄を対象としており、貸出し中の株式はいつでも売却することができます。また、配当があった銘柄の場合には配当金相当額をお受け取りいただくことも可能です。さらに、株主優待自動取得サービスを利用することにより、株主優待をお受け取りいただくこともできることなどから、株式の有効活用を目的として多くのお客様にご利用いただいております。

このたび貸株サービスにおいて、信用取引口座との同時利用を可能といたします。これまでは信用取引口座を開設されているお客様は貸株サービスを利用できませんでしたが、今回のサービス開始により、お客様は信用取引の代用有価証券として必要な部分を超える株式を貸株サービスで運用することができ、定期的に貸株金利を得ることができるため、資金効率の向上を実現できることとなります。
なお、貸株サービスと信用取引口座を併用した場合、お客様が保有されている株式について、貸株金利が受け取れる「貸株」または信用取引の「代用有価証券」のいずれかにお客様ご自身で簡単に設定変更できます。中長期の保有を目的として定期的に金利収入を得たい場合は「貸株」に、信用取引で積極的に収益を狙いたい場合は「代用有価証券」に設定するというように、お客様のニーズに合わせて機動的な設定が可能となります。

このたびの貸株サービスのリニューアルにより、信用取引口座を開設されているお客様にも貸株サービスがご利用いただけるようになり、より多くのお客様に貸株サービスを活用した効率的な資産運用をご検討いただけるものと期待しております。

サービス
申込対象

当社にインターネット取引口座をお持ちのお客様で、かつ電子交付書面閲覧サービス(取引報告書、取引残高報告書、年間取引報告書等)をご利用のお客様

※ 信用取引口座をご開設されているお客様もご利用可能です。

※ FX株券担保サービス、証券担保ローン(コムストックローン・SBI証券またはSBISL証券担保ローン)をお申し込みされているお客様はご利用いただけません。

※ 法人のお客様・未成年口座のお客様もご利用可能です。

サービス利用料 無料
サービス
利用時間
サービスの申込 毎営業日13:30までのお申し込みは当日15:00頃から
ご利用が可能となります。
サービスの解約 毎営業日13:30までの解約のお申し込みは、
5営業日後の15:00頃に解約が完了します。
株式の貸出 原則として、毎営業日16:50頃までにお振替された場合、
3営業日後に貸出され貸株金利が付きます。
株式の返却 原則として、毎営業日16:50頃までにお振替された場合、
3営業日後に貸出解除され貸株金利は付かなくなります。
代用有価証券から
貸株への振替
原則として、毎営業日16:50頃までにお振替された場合、
3営業日後に代用預り(担保)から出庫され貸出されます
(貸株金利が付きます)。
貸株から代用
有価証券への振替
原則として、毎営業日16:50頃までにお振替された場合、
3営業日後に貸出解除され代用預り(担保)となります
(貸株金利は付かなくなります)。
株主優待自動取得基本設定 毎月第一営業日13:30までのお申し込みは、
毎月第一営業日15:00頃から適用されます。
株主優待自動取得
銘柄別設定
毎営業日16:50頃までのお申し込みは、
当日21:00頃までに適用されます。
対象銘柄 貸出非対象銘柄を除く国内金融商品取引所上場銘柄
非対象銘柄 ・SBIホールディングス(8473)
・外国株式(国内金融商品取引所上場株式及び国内上場ETFを含む)
・証券保管振替機構非取扱銘柄(日本銀行等)
・単元未満株
・日経300上場投信
・ETN(指標連動証券)
・その他当社が定める銘柄
貸株金利

「口座管理」>「口座(円建)」>「貸株」>「貸株金利」画面からご確認いただけます。

※ 各銘柄の貸株金利一覧はログイン後の画面でご覧いただけます。
貸株金利は取引実行日(金利計算実行日)の当社優先市場の終値または最終気配にて日々計算し、前月の貸株料を翌月15日(休業日の場合は前営業日)にお客様の証券総合口座へ入金いたします。

※ 貸株金利は、税区分上「雑所得」となり、総合課税の対象となります。

貸出単位 1単元株数以上1単元株数単位
貸出期間

原則、無期限。

貸株サービス申込時・貸出設定時(貸出)・買付時の3営業日後から、貸株サービス解約時、貸出設定時(貸出さない)・売却時の3営業日後の前日までが金利付与の対象期間となります。

配当金相当額

源泉徴収税額を差し引いた配当金相当額を配当金支払日の4営業日後を目処に、当社からお客様の証券総合口座へ入金いたします。

※ 配当金相当額は、税区分上「雑所得」となり、総合課税の対象となります。

※ 配当金相当額は、雑所得となるため配当控除の対象とはなりません。

▼関連記事

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、口座開設と入金で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

SBI証券、スタンダードプランの株式手数料を値下げ

SBI証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年12月6日より】

SBI証券のPCサイトでロイター・ニュースが閲覧可能になりました

リアルタイム・トレーディングツールHYPER SBIの無料利用条件が緩和

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする