FX関連銘柄 (外国為替証拠金取引関連株)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月9日、FX(外国為替証拠金取引)会社大手のマネーパートナーズが業績の上方修正を発表しました。

今年は円安を背景に、個人投資家の中でFXがブームになっています。

円安 → 外貨を買うと儲かりやすい → FXをやる個人投資家が増える → FX業者が儲かる

↑という構図がまずあります。また、マネーパートナーズは自己売買部門で為替のトレーディングを行っており、そこでも利益を上げています。

今日は、営業収益に占める外国為替関連の売上が30%を越える会社をピックアップしてみました↓

FX関連銘柄

会社名 会社概要
マネーパートナーズ 【ヘラクレス:8732】

外国為替の証拠金取引を扱うオンライン専門業者。

2006年12月期の営業収益構成比は受取手数料(外国為替証拠金取引事業)16.1%、外国為替取引損益83.9%

トレイダーズホールディングス 【ヘラクレス:8704】

外国為替証拠金取引と日経225先物・オプション取引を扱うオンライン専業の証券会社。

2007年3月期の営業収益構成比 : 証券取引44、外国為替取引44、システム販売等13

ひまわりホールディングス 【JASDAQ:8738】

外国為替証拠金取引、株取引、日経225先物・オプション取引、商品先物取引を扱う証券会社。

2007年3月期の営業収益構成比 : 商品先物取引36、外国為替取引49、証券取引15

昨年、この3社の中で一番利益を上げたのはマネーパートナーズです。

営業収益(普通の会社でいうところの売上高)は、ひまわりホールディングスやトレイダーズホールディングスの方が大きくなっています。しかし、ひまわりホールディングスは、FXで利益を出したものの商品先物取引で大赤字を出し、会社全体でも赤字になりました。

トレイダーズホールディングスは、日経225先物取引やFXでは利益を出したものの、システム販売事業で赤字を出し、会社全体の利益ではマネーパートナーズに及びませんでした。

今期も不採算事業のないマネーパートナーズが一番利益率が高くなりそうです。ただ、利益率の高い会社ですので、すでに市場からの評価は高くPERも高めになっています。

マネーパートナーズが本日発表した2007年12月期の予想純利益は19億3千万円となっています。マネーパートナーズの発行済株式数105,000株ですから、一株利益の計算式は下記のようになります。

EPS(一株利益)=193,000,000÷105,000=18380円

「予想PER=株価÷一株利益」ですから、マネーパートナーズの予想PERは、本日の終値504,000円で計算すると、下記のようになります。

予想PER=504,000÷18,380=27倍

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする