かざか証券、9月からトレチケの同一月内の購入回数を1回に制限

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かざか証券にはトレチケ(アクティブトレーディング・チケット)という手数料割引サービスがあります。トレチケを購入すると「50回の取引まで10500円」「100回の取引まで21000円」といった手数料体系になります。

今までこのトレチケは一カ月に最大4回まで購入することができました。しかし、かざか証券の発表によると、9月からトレチケの同一月内購入回数は1回に制限されるとのことです。

以下、かざか証券のウェブサイトからの抜粋です。

お客様への大切なお知らせ

より柔軟に!より多くのお客さまに業界最低水準の手数料を!
KAZAKAトレード手数料定額制サービス改訂のお知らせ

KAZAKAトレードではより多くのお客さまがより柔軟に業界最低水準の株式手数料にてお取引いただけるよう、現行手数料体系の改訂を行う予定です。

株式手数料一日定額制サービス「Oneデイトレーディング・チケット(愛称:ワン・トレ)」開始
これまで多くのお客さまよりご要望をいただいておりました一日定額制を開始いたします。相場状況やお客さまの取引スタイルにあわせ、より柔軟に手数料体系をお選びいただくことができるようになります。サービス内容詳細については後日ご案内いたします。

お申込開始日 2007年8月中旬予定
ご利用開始日 2007年9月3日予定

株式手数料月間定額制「アクティブトレーディング・チケット(愛称:トレ・チケ)」サービス内容改訂
一日定額制サービス開始に伴い、9月ご利用分からのアクティブトレーディング・チケットの同一月内購入回数を1回とさせていただきます。なお国内現物および信用取引への適用や月間取引回数および約定金額上限につきましては、従来からの変更はございません。

また、9月以降は自動継続でのお申込もご選択いただけるようになります。

KAZAKAトレードでは、お客さまがご自身のお取引スタイルにあわせた手数料をお選びいただけるよう、約定ごと・一日定額(ワン・トレ)・月間定額(トレ・チケ)の3つの株式手数料プランをご提供いたします。

かざか証券に今後ともご期待ください。

かざか証券は、旧名ライブドア証券です。よって、2006年以降ライブドアショックの影響でユーザーが減少しています。

そんな中でも、トレチケは回転売買を頻繁に行うデイトレーダーのハートをキャッチしていたはずです。しかし、購入が月一回までに制限されることにより使い勝手が悪くなります。

もし、9月導入予定の一日定額制サービス「ワントレ」の手数料が高ければ、デイトレーダーの一部が他の証券会社に移ることも予想されます。

関連記事

一日定額制 手数料比較表

ネット証券 手数料比較表

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする