グッドウィルの株価が急落、新株予約権の発行で株式価値の希薄化懸念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月26日、グッドウィル・グループ 【東証1部:4723】の株価が前日比-4,700 (-9.27%)の終値46,000円と急落しました。

6月25日に同社がドイツ銀行を割当先とする新株予約権40万個の発行を決議したと発表したからです。

第三者割当による新株予約権発行に関するお知らせ・・・グッドウィルの発表文

発表文にはいろいろ書いてますが、増資の一種である「第三者割当増資」ですね。グッドウィルの発行済み株式数が2,122,118株のところに、400,000株も増資すると発表したんですから、そりゃ株価も下がります。

株式の価値が薄まる「希薄化率」は、「400000÷2122118=0.18849」で約18.85%です。

この希薄化率だけから株価を考えれば、今日は終値でストップ安になってもおかしくなかったのですが、そうはなりませんでした。取引時間中、グッドウィル株に200円の逆日歩が発生していることが判明したからです。

グッドウィルの本日の一日チャート↓

4723-070626.t.gif

逆日歩を嫌った信用取引の売り方の一部が買戻しをしたのでしょう。一時-5000円のストップ安だった株価が終値では-4700円まで回復しました。

1~2カ月のスパンで見れば、増資の影響でグッドウィルの株価はさらに下げそうですが、短期的には逆日歩の金額に左右される展開になるかと思われます。

関連カテゴリ

逆日歩のかからない空売りをする方法

コムスン、グッドウィル関連

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする