『cis氏 VS 北尾吉孝氏』対談記事の第二段が配信されています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトで先日、下記の記事を配信しました。

  1. 『cis VS 北尾吉孝』夢の対談の日取りが決定 イートレ長者村にて
  2. 『cis氏 VS 北尾吉孝氏』の対談記事がイートレ長者村に載っています

本日、この対談記事の第二段がイートレ長者村に掲載されていました。

対談記事で興味を引かれた点

  1. cis氏が使っているメインの証券会社はイートレード証券。
  2. cis氏曰く、ゴールドマン・サックス証券はすごい影響力を持っている。GS証券のレーティング格上げ・格下はトレーダーの話題にのぼりやすく、株価にも影響が出る。
  3. cis氏は現在、ブログは書いていない。全ての運用を公開するとパフォーマンスに影響が出るので、ブログの執筆は難しい。
  4. cis氏は売買の8割くらいをその日のうちに手仕舞いするので、企業の財務状態はあまり気にしない。実際の売買は値動きと流動性だけを見てやっている。
  5. cis氏は今のところ日経225先物取引や商品先物取引はやっていない模様。イートレード証券では現在、証券の口座と日経225先物の口座は別れているので、先物をやるためにはお金を移さなければならず、資金効率の面で先物をやるのが難しい。
  6. 北尾氏曰く、近々SBIグループのネット銀行が開業する予定とのこと。
  7. そのネット銀行を使えば、証券口座と日経225先物口座の一元管理は可能かもしれない。
  8. 北尾氏曰く、タワー投資顧問の清原達郎氏は野村證券時代に北尾氏の部下だったことがある。

対談記事の中から、気になった点を抜き出してみました。SBIからネット銀行開業について正式なプレスリリースが出たら、また当サイトの記事として取り上げたいと思います。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする