グッドウィル、子会社コムスンの全事業をグループ会社に譲渡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省がコムスンの介護施設の新規開設と更新を認めない決定を下したことを受け、コムスンの親会社のグッドウィルが対策を発表しました。グッドウィルはコムスンの全事業を日本シルバーサービス株式会社(以下NSS)に譲渡するとのこと。NSSはグッドウィルの連結子会社です。

事業譲渡の理由は顧客へのサービス継続と従業員の雇用の確保を最優先するためとのこと。2007年7月31日に事業譲渡実行予定となっています。

グッドウィルの折口雅博会長兼CEOは、コムスンの看板をNSSに変えることによって、介護事業所が減らされることを阻止しようとしているのでしょうか? 発表文だけではなんともいえません。グッドウィル社の記者会見で具体的な意図が判ればよいのですが・・・。

6月7日18時追記:
今のところグッドウィル社は、コムスンの不祥事について記者会見を開いていません。折口会長による早期の説明を望みたいところです。

関連記事

  1. グッドウィルの株価がストップ安 子会社コムスンの介護施設の新設・更新が不許可に
  2. 介護事業関連銘柄

参考:グッドウィル社の発表文

以下、グッドウィル社のIRリリース PDFからの抜粋

平成19 年6 月6 日
各 位
会社名 グッドウィル・グループ株式会社
代表者名 代表取締役会長 兼CEO 折口雅博
(コード番号 4723 東証第一部)

問合せ先
常務取締役 兼CFO 金崎 明
( TEL. 03-3405-9262)

連結子会社コムスンの事業譲渡に関するお知らせ

当社は、平成19 年6 月6 日開催の取締役会において、当社の連結子会社である株式会社コムスン(以下コムスン)の全事業を、連結子会社である日本シルバーサービス株式会社(以下NSS)に譲渡する基本方針を決議致しましたので、下記のとおりお知らせ致します。

1. 事業譲渡の理由
厚生労働省老健局より、コムスンに対し本日付で指導を頂きました。コムスンでは、お客様へのサービ
ス継続と従業員の雇用の確保を最優先するために、コムスンにおける全事業をNSS に譲渡する基本方
針を決定致しました。

2. 事業譲渡の内容
(1) コムスンの全事業
訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・通所介護・特定施設入居者生活介護
福祉用具貸与/販売・住宅改修・障害者自立支援・介護予防・介護タクシー
夜間対応型訪問介護・小規模多機能型居宅介護・訪問歯科サポート
認知症対応型共同生活介護・指定居宅介護支援・シニアレジデンス事業

(2) 事業譲渡会社(株式会社コムスン)の概要
商号 株式会社コムスン
事業内容 在宅介護事業・施設介護事業
設立年月日 1988 年
所在地 東京都港区六本木6-10-1
代表者 樋口 公一
資本金 141 億4,835 万円
発行済株式総数 377万3,500株
決算期 6 月
株主構成 グッドウィル・グループ株式会社 100%
総資産 47,203 百万円
純資産 6,278 百万円

~~~中略~~~

3. 事業譲渡先の概要
商号 日本シルバーサービス株式会社
事業内容 施設介護事業
設立年月日 昭和39 年6 月22 日
所在地 東京都目黒区碑文谷5-25-10
代表者 齋藤 伸
資本金 8,000 万円
発行済株式総数 160,000 株
決算期 5 月(平成19 年度から6 月に変更)
株主構成 (株)プレミア・メデイカルケア93.75%、個人株主6.25%
総資産 9,655 百万円
純資産 △1,982 百万円

~~~中略~~~

4. 日程
平成19 年6 月6 日 事業譲渡に関する基本合意書の締結を承認・取締役会決議(コムスン)
平成19 年6 月6 日 事業譲渡に関する基本合意書の締結を承認・取締役会決議(NSS)
平成19 年6 月6 日 事業譲渡に関する基本合意書の締結を承認・取締役会決議(当社)
平成19 年6 月7 日 事業譲渡に関する基本合意書の締結
平成19 年6 月15 日 事業譲渡契約書締結予定
平成19 年6 月15 日 株主総会決議予定(コムスン)
平成19 年6 月15 日 株主総会決議予定(NSS)
平成19 年7 月31 日 事業譲渡の実行予定

5. 今後の見通し
今後コムスンにおける事業につきましては、NSS に全て引き継がれる事になり、お客様へのサービスはNSS において継続される事になります。従って本件による平成19 年6 月期の連結業績に与える影響及び平成20 年6 月期連結業績に与える影響につきましては、軽微であると判断しております。

以上

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする