マネックス証券、2017年に信用取引の証拠金を1元管理へ移行か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

monex_shiyo_ichigen_top

  • この記事を最初に配信した日 = 2016年4月15日
  • この記事を最後に更新した日 = 2016年8月22日

マネックス証券が2017年に証券取引口座の取引システムを新システムへ移行し、あわせてウェブサイトの全面リニューアルを行う予定だと発表しています。

「新システムへの移行により、各種システム開発を当社内のみで行えるようになるため、これまで多くのお客様よりご要望をいただいていた信用取引口座の「預り金・保証金の一元管理」や夜間システムメンテナンス時間の短縮などが実現します」ということです。

さて、今のところマネックス証券における信用取引の口座は証拠金が2元管理になっています。これが1元管理になれば、信用取引の資金効率が上がります。

  • 2元管理とは ・・・ 現物取引と信用取引とで資金が別管理になってる信用口座のこと。預かり金(現物取引用の資金)と委託保証金(信用の担保)が区別されている。例えば、預かり金が50万円、委託保証金が50万円の状態の場合、現物は50万円まで買え、信用は約150万円まで建てることができる。預かり金と保証金の割合の設定は自由だが、振り分けは証券会社に指示して行う。
  • 1元管理とは ・・・ 「預り金」と保証金をすべて委託保証金として一元管理する信用取引口座のこと。一元管理だと預かり金も信用の担保として使うことができる。また、一元管理では、買い付けた現物株は振替作業なしに委託保証金の代用有価証券として担保に入る。この結果、信用建て玉の取引可能金額がアップし、二元管理より資金効率が上がる。

以下、マネックス証券のウェブサイトから、2016年8月22日に抜粋した文章です。

~~~

新システムへの移行とウェブサイト全面リニューアルのお知らせ

マネックス証券は、これまでにご愛用いただいてまいりました取引システムを新システムへ移行し、リニューアルすることといたしました。

この新システムへの移行は、マネックスグループとして取り組んでいる中長期事業戦略「グローバル・ビジョン」の軸の一つとしている「システムの自社開発」の成果として実施するものです。

なお、本リニューアルに伴い、一部、サービス内容の変更がございますが、ログイン方法等、基本的にこれまでどおりお取引いただけます。

今後のスケジュール、サービスの変更点および画面イメージについては、順次、本特設サイトでご案内させていただきますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

▼重要なお知らせ

新システムへの移行とサイトリニューアル延期のお知らせ
システムリニューアルについて、「今秋」を予定とご案内申し上げておりましたが、細部の調整に今しばらく時間をかけるべきと判断し、全面リニューアルの予定時期を変更いたします。

詳細は、別途ご案内申し上げますので、何卒ご理解たまわりますようお願い申し上げます。

 ~~中略~~

▼今後の予定

  • 2016年7月19日 先物・オプション取引システムをリニューアル
  • 2017年 新システムへ全面切替(ウェブサイト全面リニューアル)

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

以下、マネックス証券のウェブサイトから、2016年4月15日に抜粋した文章です。2016年8月時点の現状に合わなくなった部分は、私が取消線を引いています。

~~~~

新システム移行とウェブサイト全面リニューアルのお知らせ

平素より、マネックス証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では、これまでいくつかのサービスにおいて、システムのリニューアルを行ってまいりましたが、2016年秋に証券総合取引口座の取引システムを新システムへ移行し、あわせてウェブサイトの全面リニューアル(※)を行うことといたしました。

 (※) 外国株取引、FX PLUS、くりっく株365、マネックス・ゴールド、NISA(ジュニアNISA)は現行のままとなります。

この新システムへの移行は、マネックスグループが取り組んでいる中長期事業戦略「グローバル・ビジョン」の軸の一つとしている「システムの自社開発」の成果として、実施するものでございます。

今回の新システムへの移行により、各種システム開発を当社内のみで行えるようになるため、これまで多くのお客様よりご要望をいただいていた信用取引口座の「預り金・保証金の一元管理」や夜間システムメンテナンス時間の短縮などが実現します。

また、今後もお客様からいただくご意見・ご要望に柔軟に対応することが可能となります。

あわせて実施するウェブサイトの全面リニューアルにより、お客様が情報収集やお取引をされる際、よりスムーズにご操作がいただけるようになります。

■ (新ウェブサイトのイメージ) ※開発中の画面であり、今後変更の可能性があります。

monex_system_renewal_20160415_001b

これまでご愛用いただいていたウェブサイトや取引画面などの画面構成が大きく変更となるため、リニューアル当初は一部ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、本リニューアルに伴い、現在提供している各種サービス内容についても一部変更があります。
今後のスケジュールやサービスの変更点は、「システムリニューアル特設サイト」にて順次ご案内いたしますのでご確認ください。

今回の新システム移行とウェブサイトの全面リニューアルは、中長期的にお客様の利便性向上を実現していくための「出発点」となるもので、グループ全社の戦略として総力を挙げて取り組んでいるものです。
お気づきの点やご意見がございましたら、当社までご忌憚なくご意見をお寄せいただければ幸いです。

今後もマネックス証券は、皆様によりよいサービスを、より快適な環境でご利用いただけるよう一層の努力をしてまいります。今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

~~マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

予定どおりいけば、2017年にマネックス証券の取引システムの内容がかなり変わりそうです。同社のウェブサイトの全面リニューアルが行われたら、また当サイトで記事として取り上げる予定です。

 (この記事を最初に配信した日付は2016年4月15日でした。また、この記事を最後に更新した日付は2016年8月22日です)

▼関連記事

マネックス証券、現金3000円または書籍プレゼントキャンペーン実施 【当サイト限定】

新マネックストレーダーのニュース配信元に「みんかぶ」が追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする