カブドットコム証券が三菱UFJモルガンにシステムを提供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券がグループ会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券にシステムの提供を行うと発表しました。2017年にシステムの提供が行われるのですが、そのシステムを元に、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の個人向けインターネット取引サービスが刷新されるものと思われます。

以下、カブドットコム証券の発表文からの抜粋です。

~~~

ソフトウェア開発委託契約の締結に関するお知らせ【PDF】

2016年3月25日

カブドットコム証券株式会社(以下「当社」)は、平成28年3月25日開催の取締役会におきまして、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社と、ソフトウェア利用に関する利用許諾契約および三菱UFJモルガン・スタンレー証券が利用するにあたって必要な追加開発に関する業務委託契約を締結することを決定いたしましたので以下の通りお知らせいたします。

1.契約の内容

 当社は、株式取引等における三菱UFJモルガン・スタンレー証券による当社ソフトウェア利用の許諾および三菱UFJモルガン・スタンレー証券が利用するにあたって必要となるソフトウェアの開発を受託します。

2.当社決算への影響

 本契約による契約金額は約29億円となる予定です。当社は三菱UFJモルガン・スタンレー証券に対して平成29年1月と平成29年6月の2回に分けて当社ソフトウェア及び追加開発したソフトウェアの提供を行い、各々の検収が完了した時点で収益および利益を計上する予定です。

3.契約締結の背景
(1)当社システム基盤の提供
 当社は、大手ネット証券(※1)唯一の「完全システム内製化(自社開発・運用)」であることを活かし、既存の委託手数料や関連収益以外の収益の柱として、MUFGグループを含む金融機関等へのシステム基盤の提供という新たなる事業モデル構築の検討を進めてまいりました。

  また当社は、金銭・証券の残高管理から始まり、決済管理や信用保証金管理まで、ネット取引での証券サービス提供を行うために必要な機能を全てワンパックに収めたRAIDENの稼動を2014年11月4日に開始しております。
今般の契約は、かかる当社事業モデルのもとに、RAIDENの一部を提供するものになります。

~~以上、カブドットコム証券の発表文からの抜粋~~

オンライン証券会社は他社にシステム開発を委託している会社が多いのですが、カブドットコム証券はインターネット株取引のシステムを内製化しています。

そのため、他の金融機関へのシステム基盤の提供という新たなる事業を開始することができたようです。

グループ外の他の証券会社へ自社のシステムを提供すると、自社とシステムを提供した会社で顧客の奪い合いが発生します。しかし、カブドットコム証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、同じ三菱UFJグループなので、システムを提供しても問題ないと判断したのでしょう。

▼参考リンク 日経新聞電子版の記事

三菱UFJモルガン、ネット専業証券と連携 個人取引を刷新

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は2017年1月から個人向けのインターネット取引サービスを刷新する。グループ会社であるカブドットコム証券からシステムの提供を受ける。ネット専業証券会社と大手証券のこうした連携は珍しく、将来は手数料の引き下げなどにも役立てたい考え・・・

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

カブドットコム証券、株の現物取引の手数料を改定 (約定50万円以下で値下げ)

カブドットコム証券で未成年者の口座開設が可能になりました 【2015年6月1日より】

カブドットコム証券、NISA口座における株式買付の手数料を無料化

カブドットコム証券、ジュニアNISA口座における株式買付の手数料を無料化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする