SBI証券で登録銘柄のリスト共有が可能になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月23日よりSBI証券のユーザーは、自分の登録銘柄(ポートフォリオ)※を、パソコン向けのサイトとスマートフォン向けのアプリで共有できるようになりました。

 (※ポートフォリオと呼ばずに楽天証券のように「お気に入り銘柄」と呼んだ方が分かりやすいかもしれません)

また、今のところ、windows用の株式トレーディングソフトであるHYPER SBIと、その他のツールで登録銘柄を共有することはできませんが、2016年2月下旬には共有が可能になる予定です。

現時点では、SBI証券の下記のツールで登録銘柄を共有できるようになっています。

取引ツール
パソコン用のメインサイト
スマートフォン用のサイト
HYPER 株アプリ
MOBILE SBI
バックアップサイト

上の表より、SBI証券ウェブサイトから抜粋した下記の画像の方が、どんな風に共有ができようになったのかが分かりやすいでしょう↓

sbi_touroku_meigara_list_20160123_001.gif

2000年代だと株取引といえばwindowsのパソコンで行うのが一般的でした。しかし、現在はパソコンに加えてスマートフォンを所有している個人投資家も多いので、お気に入り銘柄のデータを、PCとスマホで同期できる機能が導入されたことは、良いことだと思います。

便利になって良いことだとは思うのですが、こういった「データの同期機能」は、やり方を失敗すると、パソコン側やスマートフォン側の登録リストが全部消失する可能性もあります。ですから、利用される方は、SBI証券ウェブサイトに載っている「ご利用方法」のページをよく読みながら作業をすることをお勧めします。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

登録銘柄(ポートフォリオ)のリスト共有が可能になりました!

2016/1/23(土)より「登録銘柄のリスト共有」が取引ツール間で可能となりました。お客さまのご利用いただいている登録銘柄(ポートフォリオ)のリストを、お好きな取引ツールに共有して、すぐご利用していただくことができます!

sbi_touroku_meigara_list_20160123_001.gif

 ~~中略~~

▼ポイント1 登録銘柄(ポートフォリオ)をリスト単位での共有が可能!

お好きな取引ツールを選択していただき、登録銘柄(ポートフォリオ)をリスト単位で共有できます!

メインサイトのポートフォリオ画面に新設される「登録銘柄リストの追加・置き換え」画面から共有の指示が簡単に可能です。

sbi_touroku_meigara_list_20160123_002.jpg

▼「追加」と「置き換え」の2種類の共有方法がご選択いただけます!

登録銘柄のリスト共有の方法は、「追加」と「置き換え」の2種類をご用意しております。

 「追加」とは?

受信先取引ツールの登録銘柄のリストの後に、送信元取引ツールの登録銘柄のリストが追加されます。

 例) 送信元取引ツール:「メインサイトのポートフォリオ」 → 受信先取引ツール:「スマートフォンサイトの登録銘柄」

sbi_touroku_meigara_list_20160123_003.jpg

 「置き換え」とは?

受信先取引ツールの登録銘柄のリストが、送信元取引ツールと同じリストになります。

 例) 送信元取引ツール:「メインサイトのポートフォリオ」 → 受信先取引ツール:「スマートフォンサイトの登録銘柄」

sbi_touroku_meigara_list_20160123_004.jpg

※「置き換え」を選択いただいた場合、受信先取引ツールの既存の登録銘柄リストは破棄されますのでご留意ください。

▼スケジュール

取引ツール
登録銘柄のリスト共有機能
メインサイト
1/23(土)~
スマートフォンサイト
HYPER 株アプリ
MOBILE SBI
バックアップサイト
HYPER SBI
2月下旬予定

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

楽天証券、「お気に入り銘柄」を全ての取引ツールで共有管理が可能に

SBI証券にて特定口座で、外国株式が取引可能に 【米国を含む9ヶ国】

SBI証券、一般信用取引に短期(5日)売りを追加

SBI証券、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービス開始

SBI証券と住信SBIネット銀行における「外貨入出金サービス」の解説

SBI証券の口座開設の手続きがネット上で完結できるようになりました【電子化】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする