「粉もん」または「粉」とは (株式用語解説)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 粉もん(こなもん)、粉(こな)
  • 【同義語:粉飾決算、粉飾、粉もの】
  • 【類義語:不正会計、不適切会計、お化粧、粉っぽい】

粉もん(こなもん)とは、粉飾決算を行った上場企業や、粉飾決算を行っている疑いがある上場企業のことです。また、粉飾決算を行っている企業の株を指すこともあります。

粉もんは、インターネット上で生まれた俗語(ネットスラング)です。

▼用例

1.あの会社は粉もんだから、株は買えないな。(訳:あの会社は粉飾決算をやっているから、株は買えない)

2.あの銘柄の株を持っていたんだけど、決算書に粉をかけていたことが判ったから(決算書に粉飾が見つかったから)、株は売らざるをえなかったよ。

▼関連記事

循環取引とは 【株式用語解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする