携帯電話用「株取引アプリ」比較表 【利用料無料】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.6.9 Last Update!

日中、パソコンで株価を見ることができない人の中には、携帯電話でリアルタイムの株価を確認したい方もいるかと思います。

リアルタイム株価自動更新サービスが使える携帯電話用トレーディングツールをピックアップしました。ピックアップしたアプリは全て利用料が無料となっています。

スマートフォン用ではなく、通常の携帯電話用のトレーディングツールをピックアップしています↓

リアルタイム株価自動更新サービス対応の携帯電話向け株取引アプリ

ツールの名前 NTTドコモ au ソフトバンク 株価更新の間隔 日経225先物の取引
備考
楽天証券iSPEED
最短5秒間隔
×

市況情報+チャート表示
自動更新するリアルタイム株価を確認可能。

多彩な発注機能
逆指値注文」、「逆指値付通常注文」にも対応。

岡三オンライン証券の岡三ネットトレーダーモバイル
最短5秒

×

「岡三ネットトレーダーモバイル」は2014年7月1日でサービス終了予定
new!
カブドットコム証券kabuアプリのドコモ版
最短3秒

ロイターニュース株式新聞速報ニュース会社四季報を見ることができる

松井証券ハイスピードα
最短5秒
×
複数気配情報と発注画面が一体となった「スピード注文」画面などを搭載するアプリ。
松井証券ハイスピードα【先物・オプション版】
最短0秒
複数気配情報画面から最短2クリックで発注できる「スピード注文」に対応。
SBI証券HYPER MOBILE
最短5秒
×

逆指値注文対応。

最大400銘柄の登録リストが使える

SBI証券HYPER MOBILE Futures
×
最短5秒

逆指値、OCOIFDIFDOCO等の注文が可能

国内指標、海外指標、為替、ニュース等に加え、市況コメントを見ることが可能

マネックス証券のマネックストレーダー・モバイル
×
×
最短5秒
×

マネックストレーダー・モバイルは2014年7月19日をもってサービス終了
new!

GMOクリック証券
のモバトレ君アプリ

2013年7月13日をもってサービス終了した

▲ツールの名前 docomo au softbank 株価更新の間隔 日経225先物の取引
備考

  • 対応機種については各証券会社のウェブサイトでご確認ください。
  • 上記のトレーディングツールの利用料は全て無料です。ただし、パケット通信料はユーザー負担になります。よって、携帯電話用のトレーディングアプリを使う人は、パケット定額制に加入しておくことを推奨します。

上の表を見れば判りますが、通常の携帯電話では「リアルタイム株価自動更新」といっても、普通は最短で5秒間隔の株価更新です。

ただし、「iPhone」や「Android搭載のスマートフォン」に対応した株取引アプリの中には、株価更新が本当にリアルタイムになっているものが多数あります。

なお、、最近、通常の携帯電話向けの株取引アプリはサービス終了になるものが増えて来ています。現在、これらのアプリを使っている方は、今後スマートフォン用の株取引アプリに乗り換えを検討した方がよいかもしれません。

リアルタイムの株価更新ができるスマートフォン用アプリに興味がある方は、下記リンク先のページをクリックしてください↓

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPhoneとAndroidの両方に対応したトレードツール

▼iPad用のトレードツール

▼その他、スマートフォン関連情報

スマートフォン向けサイトがあるオンライン証券会社

SBI証券がスマートフォンサイトをオープン

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする