楽天証券のリアルタイム入金サービスに、住信SBIネット銀行が対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券には振込時の手数料が無料で、振込後、リアルタイムに楽天証券の証券取引口座に資金が反映される「リアルタイム入金」というサービスがあります。

2014年7月5日から、この「リアルタイム入金」機能で住信SBIネット銀行が利用できるようになりました。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

楽天証券からのお知らせをご案内いたします。

リアルタイム入金がさらに便利に!手数料無料の提携金融機関が拡大。

(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行の3行の対応を延期させていただきます。あらたな対応時期につきましては、改めてご連絡をさせていただきます。)

多くのお客様からいただきましたご要望にお応えし、2014年7月5日(土)(システムメンテナンス終了後)から、リアルタイム入金でりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、住信SBIネット銀行の4行がご利用いただくことができるようになります。


リアルタイム入金には、提携金融機関でのネットバンキングの契約が必要です。提携金融機関一覧をご覧ください。

金融機関名 利用可能時間 定期メンテナンス
(ご利用になれない日時)
振込限度額
りそな銀行 24時間利用可能

毎月第1・第3月曜日2:00~翌6:00

毎週土曜日21:00~翌8:00

毎週日曜日23:00~翌7:00

1,000万円/日
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
住信SBIネット銀行 24時間利用可能 不定期 9,999万円/日

リアルタイム入金完了時にメールでお知らせいたします。

2014年7月5日(土)のシステムメンテナンス終了後から、リアルタイム入金完了時にメールを送信するサービスを開始いたします。

お客様によるリアルタイム入金の操作が完了し、当社総合取引口座にご資金が入金されますと、お客様の登録メインメールアドレスに入金完了のメールを送信いたします。

メインメールアドレスはウェブログイン後、画面右上「口座情報」→「メールサービス」からご確認ください。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

リアルタイム入金は振り込み手数料が無料ですし、入金がすぐに口座に反映されるので便利なサービスです。

楽天証券のユーザーで、住信SBIネット銀行の口座を持ってる方にとっては、今回の楽天証券の施策は朗報ではないでしょうか。

それにしても、今回の楽天証券の発表は驚きました。 私は楽天証券がリアルタイム入金の対応銀行に、住信SBIネット銀行を加えるとは思っていなかったのです。

楽天株式会社は楽天市場の運営で有名ですが、傘下に楽天証券・楽天銀行・楽天カード株式会社を抱える総合金融会社でもあります。

対して、住信SBIネット銀行を傘下に抱えるSBIホールディングスも、他にSBI証券やSBIカードを子会社にしているので、SBIホールディングスも総合金融会社といえます。

「楽天グループとSBIグループは、お互いにネット上の金融サービスにおいて商売敵である」と私は捉えていたので、今回、楽天証券がリアルタイム入金の対応銀行に、住信SBIネット銀行を加えたのは意外でした。

▼関連記事

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

楽天証券のユーザーが167万人超え 【5月に証券取引システムをアップグレード】

楽天証券、2014年7月1日から「国内商品先物取引」の取扱いを開始

楽天証券、投資情報に「Longine(ロンジン)」の決算速報を追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする