スティールパートナーズ、天龍製鋸にTOB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月23日、スティール・パートナーズが、 天龍製鋸【JASDAQ:5945】の普通株式を全株取得するために、5月24日からTOB(株式公開買い付け)を開始すると発表しました。買い付け価格は1株4945円となっています。以下、スティールの発表文からの抜粋です。

スティール・パートナーズ・ジャパン、天龍製鋸株式会社の株式公開買付について

 スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー(以下、「SPJSF」)は本日、スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド-エス・ピー・ヴィーI・エル・エル・シー(以下、「SPVI」)を通じて天龍製鋸株式会社(コード番号:5945 JASDAQ)(以下、「同社」)の普通株式を全株取得するため、5月24日から公開買付けを開始することを発表しました。

 買付け価格は1株当たり4,945円です。これは、SPJSFが公開買付の意向を同社にお伝えした時点で直近であった平成19年5月18日における同社の普通株式のジャスダック証券取引所終値(4,300円)を15.00%上回る価格となっています。SPJSFは、2007年5月23日現在同社の議決権の9.04%を保有する実質的に筆頭株主です。

 SPJSFは、これと併せて、天龍製鋸の株主と従業員の皆様に、建設的かつ前向きに現経営陣との協働を継続していく所存であることを以下の通り明言いたします。

 「SPJSFは、公開買付により株式を取得しても天龍製鋸の日々の業務に関与するつもりはありません。我々は、御社現経営陣の経営能力と経験に敬意をもって、できる限りの支援をしたいと考えております。スティール・パートナーズは、日本やその他の国々で長年製造業に投資して成功を収めています。我々の世界的なネットワークと国際的な経験が天龍製鋸の今後の成長と発展のために役立つことでしょう。」

 「我々は、今回の公開買付が投資家、御社、従業員の皆様にとって素晴らしい機会を提供するものと考えています。既存の株主には流動性と市場価格に対し大幅なプレミアム付の価格で株式を売却する機会が提供します。天龍製鋸は、単一のしかも御社の成長と繁栄を支援するために経験とグローバルなリソースを提供できる協力的な投資家を得ることのメリットを享受できるのです。」

先日スティールがブルドックソースへのTOBを発表したとき、その翌日はホワイトナイト出現への期待感から、ブルドックソースの株価が一時TOB価格以上に値上がりしました。

天龍製鋸(読み:てんりゅうせいきょ)の場合はどうなるか、明日の株価に注目したいと思います。

関連記事

スティールパートナーズ関連銘柄

スティールパートナーズがブルドックソースに1株1584円でTOB提案

ブルドックソースの株価が急騰、スティールパートナーズがTOB開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする