カプコンの株価が急騰 大和総研がレーティングを引き上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月22日、ゲームソフト大手のカプコン 【東証1部:9697】の株価が前日比+145 (+7.16%)の終値2,170円と急騰しました。5月21日に大和総研がカプコン株のレーティングを「3」から「2」に引き上げ、妥当株価を2300円に設定したためです。21日は250円の急騰をみせたカプコン株ですが、本日もその流れを引き継いでいます。

大和総研がレーティングを引き上げた理由は、5月18日にカプコンが発表した今期の業績予想がよかったからでしょう。今期の業績予想の数値は、会社四季報の数値を上回っています。

▼カプコンの2008年3月期の業績予想 単位は百万円(1株利益は円)

2008年3月期の業績予想

売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株利益(円)
四季報予想 72,500 9,000 9,500 4,900 87,7
会社予想 78,000 10,000 11,000 6,200 113,9

予想1株利益が113,9円なので、現時点での予想PERは「今日の終値2170÷113,9=19,1」で19,1倍となっています。このPERから考えると、カプコンの現在の株価は妥当なところでしょう。

カプコンは、「モンスターハンターポータブル セカンド」、「ロストプラネット」、「デッドライジング」がミリオンセラーになり業績が向上しました。業績の向上に株価が追いついてきた格好です。

先日、当サイトで「KDDIは業績の伸びと株価が今のところ連動しており、一般人にも株価の動きが理解しやすい銘柄の一つです」と述べましたが、カプコンにも同じことがいえるかと思います。

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする