トレーダーのcis氏が週刊ポストのインタビュー記事に登場 【資産200億円?】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

推定資産190億円~200億円のトレーダーcis氏(シス氏)が、2015年9月7日発売の週刊ポスト「2015年 9/18 号」に登場しています。34ページから37ページにcis氏の記事が載っています。記事の見出しは下記のようになっています。

~~以下、週刊ポストのウェブサイトからの抜粋~~

<独占スクープインタビュー>

世界同時株安で37億円稼いだスーパー億り人「cis」とは何者か?

海外メディアも「日本市場を動かす個人投資家」と注目!

約1年間続いた上昇基調から一転、日本株式市場は「底が抜けた」と形容されるほど急落し、日々乱高下を繰り返している。プロの投資家でも先を見通せないそんな不安定な市場において、数日で37億円の富を築いた日本人がいた。

海外メディアも「日本市場を動かす個人投資家」と注目する男性が、独自の投資理論から私生活まで初めて明かした。

~~以上、週刊ポストのウェブサイトからの抜粋~~

9/18号の誌面に載っている記事は4ページにわたる長文ですが、この記事の短縮版が、NEWSポストセブンというウェブサイトに掲載されています。興味がある方は、下記リンク先をクリックしてください↓

暴落相場で37億円稼いだ30代日本人投資家 その相場観を披瀝

2015.09.08 07:00

 プロの投資家でも先を見通せないそんな不安定な市場において、数日で37億円の富を築いた日本人がいた。一部海外メディアを除き取材に応じなかった彼に週刊ポストが接触に成功。同誌9月7日発売号でその投資法などを報じている。

〈今日は1時間で12億増えたよ!!!!〉──8月24日、日経平均株価は前週末と比べて895円も下落し・・・

週刊ポストの9月18日号に載っているcis氏関連の記事ですが、「2015年8月に起こったチャイナショック(中国株ショック)による相場乱高下の中、cis氏は日経225先物取引や日経225オプション取引でどのようにして儲けたのか」といった主旨の内容になっています。

この内容は、先日、ブルームバーグ社が配信した下記リンク先の記事の内容と似通っています。

謎の36歳デイトレーダーの読み的中-市場パニックで利益40億円

しかし、ポストの記事には、ブルームバーグの記事では載っていなかった内容もあります。ポストの記事では、2000年から2015年までのトレーダーcis氏の簡単な経歴や資産推移がまとめられています。この点に興味がある方は、書店の店頭でポストを手に取って中身を確認してください。

なお、週刊ポストの9月18日号の記事によると、cis氏は2005年に起こったジェイコム株誤発注事件の際に、ストップ安状態のジェイコム株に大量の買い注文を入れ6億円を儲けたとのことです。

▼関連記事

資産100億円トレーダーcisさん関連情報のカテゴリ

ジェイコム男BNFさん関連情報

ジェイコム男BNF氏の持ち株 (四季報株主欄より)【2015年夏号】

みずほ証券のジェイコム株誤発注事件、判決が確定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする