みずほ証券のジェイコム株誤発注事件、判決が確定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年12月にジェイコム株大量誤発注事件という事件がありました。

新規上場したジェイコム株を、みずほ証券が大量に誤注文して、株式市場を混乱させた事件です。

この事件のとき、みずほ証券は大量の空売り注文を出したことに気付いた後、取り消しの注文を出そうとしました。しかし、東証のシステムに不備があり取り消しの注文が通らなかったため、400億円以上の損失を出しました。

昔から株式投資を行っている個人投資家なら、この誤発注事件を覚えている方も多いでしょう。

この誤発注事件について、みずほ証券は「東証のシステムに不備があったため損失が拡大した」と東証を民事で訴えていたのですが、2015年9月3日に裁判の判決が確定しました。以下、日経新聞のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

東証の107億円賠償が確定 みずほ証券株誤発注、上告退ける

 みずほ証券が、ジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株の誤発注を巡り、東京証券取引所のシステム不備で損失が拡大したとして、東証に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は4日までに、双方の上告を退ける決定をした。東証に約107億円の支払いを命じた二審・東京高裁判決が確定した。決定は3日付。

 一、二審判決によると、みずほ証券は2005年12月、ジェイコム株の売り注文を「61万円で1株」とすべきところ「1円で61万株」として発注。直後に取り消そうとしたが・・・

~~以上、日経新聞のウェブサイトからの抜粋~~

みずほ証券の大量空売り注文に対して、大量の買い注文をぶつけた株式トレーダーのBNF氏20億円を儲けたため、この後、しばらくBNF氏は「ジェイコム20億円男」と呼ばれることになりました。

ちなみに、有名トレーダーのcis氏は、ストップ安状態のジェイコム株に大量の買い注文を入れ6億円を儲けています。

今回の判決の確定で、当時、物議をかもした誤発注事件もいったん幕引きとなります。

なお、2005年に誤発注事件が起きたときの雰囲気を知りたい方は、下記リンク先の当サイトの過去ログをご覧ください。

ジェイコム男BNFさん関連記事 2005年~2006年

▼関連リンク

子会社に対する訴訟の判決確定に関するお知らせ – 日本取引所グループのウェブサイト

東京証券取引所に対する損害賠償請求訴訟の判決確定について【PDF】 – みずほ証券ウェブサイト

▼おすすめカテゴリ

資産100億円トレーダーcisさん関連情報

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする