株アプリ「iSPEED」にエクスプレス注文機能が搭載 【2015年9月4日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、このウェブサイトで、楽天証券のマーケットスピードに板発注機能「武蔵」とワンクリック注文「エクスプレス注文」が搭載という記事を配信したことがあります。

マーケットスピードで使えるエクスプレス注文ですが、これはFX取引をやったことがある方には説明しやすい発注方法です。エクスプレス注文は、FX取引におけるストリーミング注文によく似ています。

エクスプレス注文を使えば、最短ワンクリック(ワンタップ)で株式売買の発注が可能です。

このエクスプレス注文ですが、今まではパソコン向けの株取引トレーディングツールであるマーケットスピードのwindows版でしか利用ができませんでした。

2015年9月4日より、楽天証券のスマートフォン用の株取引アプリであるiSPEEDでもエクスプレス注文が使用可能になる予定です。詳細を知りたい方は、下記リンク先の楽天証券の発表文を読んでください。

株アプリ「iSPEED」に『エクスプレス注文』機能を搭載
スマートフォンからもワンタップでの注文が可能に【PDF】

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

最短ワンタップ注文でスピーディな板を乗りこなせ!マーケットスピードを超えたiSPEED版エクスプレス注文搭載

iSPEED_express_20150904_001.jpg

2015年9月4日iSPEEDに最短ワンタップで発注できるエクスプレス注文を搭載します。気配値を見ながらの発注はもちろん、1秒更新のティックチャートを見ながら発注できます。 さらに海外先物指数等も追加。ネット証券最多水準の投資情報を24時間配信します。

iSPEED_express_20150904_002.gif

▼マーケットスピードを超えた最短ワンタップのiSPEED版エクスプレス注文

iSPEED_express_20150904_091.gif

  • 値動きの激しい銘柄でもスピーディーに発注したい方
  • チャート(ティックも見られます!)を見ながらトレンドを掴んで瞬時に発注したい方
  • とにかく高速性に優れた注文機能を利用したい方

iSPEED_express_20150904_003.gif

ひと目で現在の気配、各値段の株数を確認
買いたい時には、赤い値段を最短ワンタップで発注可能!

iSPEED_express_20150904_004.gif

マーケットスピードにはないチャートを見ながらの発注機能!
トレンドを見ながら値段を狙い撃ち!

▼24時間、海外先物指数もチェック!ネット証券最多水準の情報量

iSPEED_express_20150904_092.gif

  • 明日のマーケットを下調べ。寝る前に手軽に海外のマーケット動向をチェック
  • 日本市場が始まる前に、日経平均に影響を与える海外市況をチェック
  • 世界を代表する株価指数と商品先物の価格情報が24時間チェックが出来る

■追加指数

マーケットの市況情報に海外先物指数やコモティティ指数など11の指数を追加。これにより大手ネット証券※1最多の投資情報量を配信いたします。

名称
概要
miniS&P500(期近) シカゴ・マーカンタイル取引所 Globexで電子取引されるS&P500指数先物
miniDOW (期近) シカゴ商品取引所で電子取引されるDow30指数先物
miniNQ100 (期近) シカゴ・マーカンタイル取引所 Globexで電子取引されるNASDAQ100指数先物
WTI原油先物(NYMEX) ニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場するWTI原油先物指数
天然ガス先物(NYMEX) ニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場する天然ガス先物指数
Gold先物(CMX) ニューヨーク商品取引所に上場する金先物指数
Silver先物(CMX) ニューヨーク商品取引所に上場する銀先物指数
Copper先物(CMX) ニューヨーク商品取引所に上場する銅先物指数
Corn先物(CBOT) シカゴ商品取引所に上場するトウモロコシ先物指数
Wheat先物(CBOT) シカゴ商品取引所に上場する小麦先物指数
Soybean先物(CBOT) シカゴ商品取引所に上場する大豆先物指数

※1 大手ネット証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券です。

▼お客様からの要望も多数実現!板・チャートを見ながら発注できる機能

■チャートからの発注

iSPEED_express_20150904_005.png

チャートをみながら値段を確定。発注ボタンを押して注文画面に即遷移&値段も自動入力!

■板を見ながら発注

iSPEED_express_20150904_006.png

板入力画面にワンタップで遷移。値段をタップすれば、注文画面に即遷移&値段も自動入力!

■検索&業種別検索

iSPEED_express_20150904_008.gif

グローバルメニューに「検索」ボタンが新たに追加。業種別検索機能を搭載し、銘柄検索がよりカンタンにできるようになります。

■検索履歴表示

iSPEED_express_20150904_008.gif

検索履歴を表示を「ON」にすると、検索画面に履歴を残すことができるようになります。

■グローバルメニュー変更

iSPEED_express_20150904_009.gif

「メニュー・設定」の「グローバルメニュー変更」で、グローバルメニューのパターンを変更することができます。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、楽天証券は2015年9月4日から、信用取引にAS(オートセレクション)注文という新しい注文方法を導入する予定ということです。

オートセレクション注文の詳細が発表されたら、また当サイトで記事として取り上げたいと思っています。 

▼関連記事

楽天証券のエクスプレス注文機能が現物株取引に対応

楽天証券、国内株式の手数料優遇「超割」コースをリニューアル

マーケットスピードのフル板サービスの利用料が無料化【2014年10月27日より】

マーケットスピードの無料利用条件の解説

iPhone対応の株取引用トレーディングツール 【比較表】

Android対応の株取引用トレーディングツール 【比較表】

楽天証券のiSPEED for iPadを使った感想 【レビュー】

「iSPEED for iPhone」のApple Watch連携機能を使ってみた感想

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする