イナゴ投資家とは 【株式用語】 【Yahoo掲示板(textream)を読むための用語】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イナゴ投資家 (いなごとうしか)
  • 【同義語:イナゴトレーダー、イナゴ】

イナゴ投資家とは、価格が急騰している株式にイナゴ(バッタ)のように飛びつく個人投資家のことです。株価急騰の波に乗って、短期トレードで利益を出すことを目指しています。

イナゴ投資家にとって株価が急騰している理由(株価材料)は必須ではありません。リアルタイムで上昇している株価の波にうまく乗って、売買で利益を出せるか否かが重要なわけです。

そのため、イナゴ投資家が集まっていると噂された銘柄は、株価が急騰した後、すぐに急落するケースがよく見られます。

この「投資家がばっと集まって売買が盛り上がった後、株価が急激に下落し、最後には売買も低調になる」様子が、稲などの穀物にむらがるイナゴの被害に似ているため、イナゴ投資家(イナゴトレーダー)という俗語が生まれました。

ちなみに、バッタの大量発生による穀物の壊滅的な被害は、蝗害や飛蝗と呼ばれています。日本は土地が狭いので、大規模な蝗害はめったに発生しませんが、殺虫剤が開発される前のユーラシア大陸ではときおり蝗害が発生し、農産物が大規模な被害を受けました。

蝗害に興味がある方は、下記リンク先のページを読んでください。ただし、バッタの写真が気持ち悪い(グロい)ので注意が必要です。

蝗害(こうがい) – Wikipedia

なお、「イナゴ投資家」もしくは「イナゴ」というネットスラングは、国内最大級の某巨大掲示板の株式板が発祥の場所と思われます。

▼関連カテゴリ

株式用語解説

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする