スティールパートナーズがブルドックソースに1株1584円でTOB提案

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月16日、スティール・パートナーズがブルドックソース 【東証2部:2804】に対し、1株1584円でTOB(株式公開買い付け)をする意向を伝えたと発表しました。スティールパートナーズは、ウォーレン・リヒテンシュタイン代表名で11日付と15日付で書簡を送り、100%の株式を取得する考えを伝えています。

TOB価格は14日の終値(1320円)に20%のプレミアムを乗せた水準です。ちなみに、ブルドックソースの本日(16日)の終値は1336円となっています。

以下、スティールパートナーズのプレスリリースからの抜粋です。

米スティール、ブルドックソースに株式公開買付を提案

PRESS RELEASE
2007 年5 月16 日
報道関係者各位

スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー

スティール・パートナーズ・ジャパン、ブルドックソース株式会社に株式公開買付を提案

スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー(以下、「SPJSF」)は本日、ブルドックソース株式会社(コード番号:2804 東証2部)(以下、「同社」)の普通株式を全株取得するため公開買付けを開始することを同社取締役会にお伝えする書簡をお送りしましたのでお知らせいたします。

買付け価格は1 株当たり1,584 円で、同社の普通株式の東京証券取引所における平成19年5 月14 日の終値(1、320 円)を20.00%上回る価格となっています。SPJSF 及びその特別関係者は、2007 年1 月現在同社の発行済み株式の10.15%を保有する筆頭株主です。

SPJSF のパートナー、ウォレン・リヒテンシュタインは、「SPJSF のオファーは、御社株主に市場価格に大幅なプレミアムを上乗せした価格で売却する機会と流動性を提供するものです。」と書簡で説明しています。

リヒテンシュタインは、2007 年5 月11 日付で同社にお送りした書簡で、本公開買付けの概要とSPJSF が「長期的視点にたって全ての株主にとっての株主価値向上のため経営陣と協力」することを目指す長期投資家であると説明しています。

ブルドックソースの株式を全株取得したとしても、スティールがブルドックソースの経営を行うとは思えません。転売狙いですね。

昨年、スティールが明星食品への敵対的な株式公開買い付け(TOB)を実施した際には、日清食品がホワイトナイト(白馬の騎士)として対抗TOBをかけました。結果的には、日清食品が明星を子会社化しました。

日清食品がTOBをかけたので明星食品の株価は急騰。スティールは日清食品のTOBに応じて保有する明星株を売却し約40億円の利益を得ています。

今回のブルドックソースへのTOBでは、日清食品のようなホワイトナイトが現れるか否かが注目点といえるでしょう。

▼関連記事

スティールパートナーズ関連銘柄

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする