松井証券の「ネットストック・スマート」を使った感想 【新・会員向けWEBサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月21日、松井証券が会員向けの新しいWEBサイト「ネットストック・スマート」をリリースしました。

 ・関連リンク – ネットストック・スマートとは【PDF】 – 松井証券ウェブサイト

会員向けの新しいWEBサイトでは、パソコンだけでなく、タブレット端末などのスマートデバイスでの操作性も考慮したデザインとなっています。

また、新しいWEBサイトでは、株価チャート画面をクリックするだけで発注できる「チャート注文」機能が実装されています。

この新しいWEBサイトである「ネットストック・スマート」ですが、利用料は無料となっています。

▼ネットストック・スマートを使った感想

私は以下の端末で、松井証券の新しいWEBサイトである「ネットストック・スマート」にログインしてみましたが、一番メリットがあるのは、スマートフォンのユーザだと感じました。

昔から存在している松井証券の株式取引システムである「ネットストック」に、スマートフォンでログインすると、下記の画像のようなシンプルな画面が表示されます↓

netstock_smart_20150521_001.PNG

netstock_smart_20150521_002.PNG

↑これはこれで、データ通信量が少ないというメリットはあるのですが、見た目はちょっと寂しいですよね。

新しいWEBサイトである「ネットストック・スマート」に、スマートフォンでログインすると下記のように情報量が多い画面を表示できます↓

netstock_smart_20150521_003.PNG

(画像はクリック、もしくはタップで拡大可能です)

netstock_smart_20150521_004.PNG

というわけで、今まで旧システムである「ネットストック」にスマートフォンでログインしていた方は、今後ログイン先を「ネットストック・スマート」に切り替えることを、おすすめします。

▼ネットストック・スマートの他の長所について

上で書いたように、「スマートフォンで閲覧できる株式関係の情報量が増加した」点もメリットだと思うのですが、ネットストックスマートには他にもメリットがあります。

ネットストック・スマートには「株価ボード」という自分が気になる銘柄を登録して、一覧で株価が閲覧できる機能があります。その株価ボードに登録した銘柄は、一度登録してしまえば、その後は、どの端末からでも見ることができます。

例えば、最初にパソコンで株価ボードに登録した銘柄は、外出先でもネットストック・スマートにログインすることにより、スマートフォンやタブレットPCで見ることが可能です。

また、ネットストックスーマトでは、そこそこ見やすい株価チャートが、パソコンでもタブレットPCでも同じような感じで閲覧できることもメリットです。

▼松井証券のユーザーは、スマートフォンでどのシステムを使って株取引を行うのがよいか?

松井証券を使っている個人投資家は、下記のような基準で、スマートフォンで使うシステムを選べばよいでしょう。

  • ■通信量の超過によるデータ通信の速度制限を避けるため、普段からデータ通信量を抑えたい方 → 旧システムである「ネットストック」

  • ■スマートフォンにアプリをインストールしたくない方 → 新システムである「ネットストック・スマート」

  • ■スマートフォンにアプリをインストールすることに抵抗がない方 → 株式取引アプリである「株touch

▼関連記事

松井証券、「一日先物取引」を開始 【2015年2月9日より】

ネットストック・ハイスピードに「一括返済注文機能」が追加 【2014年7月22日】

松井証券、プレミアム空売りゼロ(略称:プレカラゼロ)の取扱いを開始【2015年2月9日より】

松井証券、未成年口座で手数料キャッシュバックキャンペーン実施【毎月1080円キャッシュバック】

松井証券の「一日信用取引」の解説

松井証券、「プレミアム空売り」サービスを開始 【2014年3月27日より】

株取引アプリ「株touch」のiPhone版が機能改善【チャート追加。約定Push通知導入】

一日信用取引と通常の信用取引の比較 【メリットとデメリットの解説】

スマホ向け株取引アプリ「株touch」がNISAに対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする