SBI証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月1日、SBI証券がログイン後のウェブページにおいて、投資情報サービス『バロンズ拾い読み』の提供を開始しました。

『バロンズ拾い読み』は、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国の投資週刊誌『バロンズ』の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し、日本語で抜粋・要約したレポートで、主に機関投資家向けに提供されているレポートです。

日本人だと、バロンズの記事をネットで読みたい場合、通常はウォール・ストリート・ジャーナルのウェブ版で、読むことになります。

しかし、日本人向けのウォール・ストリート・ジャーナルだと、『バロンズ拾い読み』の記事の中で、有料会員しか読めないものがあります。

SBI証券のユーザーなら、『バロンズ拾い読み』を無料で読むことができます。

『バロンズ拾い読み』に興味がある方は下記をクリックし、拡大してサンプルを見てください。

 ・バロンズのサンプル

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~

Dow Jones Weekly Newsletter バロンズ拾い読み

毎週火曜日更新

sbi_barrons_20150501_001.gif

投資情報サービス『バロンズ拾い読み』を、無料でご提供を開始!

「バロンズ拾い読み」とは?
ダウ・ジョーンズ社が発行する、米国で最も著名な週間金融専門誌の1つに「BARRON’S(バロンズ)」があります。 「バロンズ拾い読み」は、この中から日本の投資家向けに記事を抜粋し、日本語訳したレポートです。

市場の動向や重要な経済関連スケジュール、株式市場の見通しから個別銘柄のレポートまで幅広く取り上げられており、雑誌を読むような充実した内容とボリュームのレポートをご覧いただけます。

SBI証券の外国株式口座(※)をお持ちのお客さまでしたら、無料でご覧いただけます。

※総合口座の開設がされていない場合は、外国株式口座の開設はできません。

 ~~後略~~

~~以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~ 

なお、SBI証券が『バロンズ拾い読み』の提供を開始したので、後日、当サイトの「米国株の取引ができるネット証券3社の比較」という記事を更新する予定です。

▼関連記事

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

フル板を無料で使える証券会社 (比較あり)

SBI証券にて特定口座で、外国株式が取引可能に 【米国を含む9ヶ国】

SBI証券、「無期限 一般信用売」「短期信用」「日計り信用」などを導入予定【2015年】

SBI証券、一般信用取引に短期(5日)売りを追加

SBI証券、全ての気配値情報が閲覧できる「全板」サービス開始

HYPER株アプリのApple Watch連携機能を使ってみた感想【レビュー】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする