楽天証券において、ネットバンクから資金を直接FX口座に入金できるようになりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年4月11日、
楽天証券のFXサービスにおいて、ネットバンクから資金を直接FX口座に入金できるようになりました。

4月10日までは、楽天証券においてネットバンクを使って、ユーザーがFX口座に資金を入金するには、まずユーザーが銀行から証券総合取引口座に資金を入金する必要がありました。

「証券総合取引口座に入金した資金を、口座管理画面上の操作で、FX口座に資金を振り替えることにより、FX口座に資金が入金できる」という手順になっていました。

2015年4月11日から、下記の銀行のネットバンキングサービスを使っているユーザーは、銀行口座から直接FX口座に資金が入金できるようになっています。

楽天銀行

三井住友銀行

三菱東京UFJ銀行

みずほ銀行

ゆうちょ銀行

ジャパンネット銀行

セブン銀行

りそな銀行

埼玉りそな銀行

近畿大阪銀行

住信SBIネット銀行

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

FX取引の資金移動がダンゼン便利に!(4/11リリース)

fx_real time_nyukin_20150411_001.png

fx_real time_nyukin_20150411_002.png

・「FXリアルタイム入金」でお客様の銀行口座から直接「楽天FX証拠金」に入金できます。

・出金もダイレクトに。「FXらくらく出金」を使えば、最短で当日出金も可能です。

・FX証拠金から総合取引口座への振替日数も大幅に短縮しました。

▼主な変更点

総合取引口座の預り金への振替操作なしでFX取引口座に直接入出金を行うことができるようになります。

fx_real time_nyukin_20150411_003.png

fx_real time_nyukin_20150411_004.png

■「FXリアルタイム入金」「FXらくらく入金」

FX証拠金へのダイレクト入金は2つのタイプをご用意いたしました。

「FXリアルタイム入金」は、PC上の操作だけで、リアルタイムかつダイレクトにFX証拠金へ入金いたします。利用料はもちろん無料。

さらに楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」に登録済みの方なら、銀行のID・パスワードが不要な「FXらくらく入金」がご利用になれます。楽天証券の暗証番号だけでFX証拠金に入金ができます。

いずれも「楽天FXウェブ」「MSFX」から直接入金指示が可能で

■FXリアルタイム入金

fx_real time_nyukin_20150411_005.png

■FXらくらく入金

fx_real time_nyukin_20150411_006.png

■「FX証拠金出金」「FXらくらく出金」

総合取引口座への振替操作なく、楽天FX取引口座の証拠金をご登録の金融機関口座に直接出金することができます。さらに「FXらくらく出金(※1)」をご利用の場合、最短で当日中の出金も可能です。

fx_real time_nyukin_20150411_007.png

(※1)「FXらくらく出金」は、楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」への事前登録が必要です。また、出金可能時間が通常の出金と異なりますので、ご注意ください。

■総合取引口座への振替日数を短縮

FX証拠金から総合取引口座預り金への振替期間を2営業日(※2)から即日に短縮いたします。

そのため、他商品の取引や証拠金管理の利便性が高まります。

※MRF口座を設定されている方の場合は、証券総合口座からFX証拠金口座への振替が翌営業日となります。

fx_real time_nyukin_20150411_008.png

(※2)ご資金の受渡日に要する日数です。受渡日が到来していない場合、一部商品にはご資金をご利用いただけませんでした。

■サービスリリース日

2015年4月11日(土) メンテナンス終了後

■対象チャネル

・楽天FX-ウェブ
・MARKETSPEED FX

■サービス提供時間・取扱金融機関

入金
出金
FXリアルタイム入金
FXらくらく入金
FX出金
FXらくらく出金
サービス提供時間(※3)
24h
24h
受付は24h 00:05-15:30
取扱金融機関 楽天銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、住信SBIネット銀行

楽天銀行

(マネーブリッジ)

お客様が登録なさった金融機関

楽天銀行

(マネーブリッジ)

事前の申込

不要

(各金融機関のネットバンキングサービスの申込が必要です。)

必要

マネーブリッジ申込

不要

必要

マネーブリッジ申込

(※3)各金融機関、弊社メンテナンス時間等を除きます。

~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~

なお、このネットバンクを使ったFX口座への「FXリアルタイム入金」ですが、入金の手数料は無料となっています。

▼関連記事

楽天証券、国内株式の手数料優遇「超割」コースをリニューアル

マーケットスピードのフル板サービスの利用料が無料化【2014年10月27日より】

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券のiSPEED for iPadを使った感想 【レビュー】

楽天証券にて特定口座で、米国株・中国株・アセアン株式・海外ETFの取引が可能になりました【2014年12月22日より】

楽天証券、貸株サービスを開始 【2014年11月29日開始予定】

米国株を買えるネット証券3社の比較

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする