三菱UFJ証券がカブドットコム証券を子会社化か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年に当サイトで、下記リンク先の記事を配信したことがあります。

「三菱東京UFJ銀行が、カブドットコム証券の株式10万株を買い付け、カブドットコム証券社の大株主になる」という旨の記事でした。

さて、2015年2月24日付けのSankeiBiz(サンケイビズ)の記事によると、三菱UFJ証券ホールディングスカブドットコム証券を子会社することを決めたそうです。

三菱UFJ証券ホールディングスは、2015年4月にも三菱東京UFJ銀行が保有するカブコム株を取得し、出資比率を現在の約12%から50%超に引き上げる予定です。

以下、SankeiBizのウェブサイトからの抜粋です。

~~~

三菱UFJ証券がカブコムを子会社化

2015.2.24 15:38

 三菱UFJ証券ホールディングス(HD)は24日、ネット証券専業のカブドットコム証券を子会社することを決めた。25日に正式決定する。傘下の事業会社で店舗サービスを主力とする三菱UFJモルガン・スタンレー証券とカブコムの機能を融合し、顧客の利便性を高める。

 三菱UFJ証券は、4月にも三菱東京UFJ銀行が保有するカブコム株を取得し、出資比率を現在の約12%から50%超に引き上げ・・・

~~以上、SankeiBizのウェブサイトからの抜粋~~

SankeiBizの記事の内容を信じるなら、カブドットコム証券の筆頭株主の地位は、三菱東京UFJ銀行から三菱UFJ証券ホールディングスに変わります。

ただ、仮にカブドットコム証券が三菱UFJ証券ホールディングスの子会社になったとしても、すぐに「カブドットコム」のブランドが消えることはないでしょう。

▼関連記事

カブドットコム証券のメリットとは

kabuステーションが信用口座開設のみで利用料無料に

kabuステーション4の信用取引と先物取引において「2WAY注文」が使用可能に

kabuステーションに上下8本の板表示を行う「サマリー板」機能が追加

カブドットコム証券、信用取引の手数料を値下げ

立花証券、オンライン株取引事業をリテラクレア証券から継承(2013年6月)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする