岡三オンライン証券、ロイター投資情報提供開始 【ブラウザでの閲覧に対応】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月30日、岡三オンライン証券がロイター投資情報を提供開始しました。

以下、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

2015年01月30日
岡三オンライン証券株式会社

ロイター投資情報提供開始のお知らせ

岡三オンライン証券株式会社は、2015年1月30日(金)より、日本株投資情報として新たにロイター投資情報(※)の提供を開始しましたのでお知らせいたします。


トムソン・ロイターが提供する投資情報

▼ご利用いただける取引画面、および取引ツール

  • 日本株Web取引画面
  • 岡三ネットトレ-ダーWEB

ネット環境があればどこでもご利用いただける日本株Web取引画面においても、ロイター投資情報と連携することにより、詳細なテクニカル、ファンダメンタル情報をご利用いただけるようになりました。


お使いのインターネットブラウザで、TLS1.0が許可されていない場合は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

ご利用方法については、「ロイター投資情報ご利用ガイド」をご覧ください。

ロイター投資情報ご利用ガイド【PDF】

岡三オンライン証券は、今後もお客さまに価値あるサービスの提供に努めてまいります。

~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~

実は、2015年1月29日以前でも、岡三オンライン証券のユーザーは、「岡三ネットトレーダーWEB」というトレーディングツールや、スマートフォン用の岡三株スマホというアプリを使えば、ロイターニュースの個別銘柄の情報を閲覧することが可能でした。

2015年1月30日からは、上記のトレーディングツールやアプリを使わなくても、岡三オンライン証券のユーザーは、windowsのパソコンでブラウザ※を使って同社の証券取引口座にログインすることで、ロイターニュースを含むロイター投資情報の閲覧が可能になっています。

windowsのPCを持っている個人投資家なら、今までより簡単にロイター投資情報の閲覧が可能になったわけです。

 ※ブラウザ・・・Internet ExplorerやGoogle Chromeなど、ウェブページを閲覧するためのソフトのこと

▼関連記事

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする