ネットストック・ハイスピードに「シングルクリック発注機能」などが追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券にはネットストック・ハイスピードという日本株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツールがあります。ネットストック・ハイスピードの利用料は無料です。

このネットストック・ハイスピードに以下の二つの機能が追加されます。2014年12月27日に追加される予定です。

  • シングルクリック発注機能
  • ドラッグ&ドロップ返済機能

シングルクリック発注機能では、従来のダブルクリックでの発注に比べ、よりスピーディーな発注が可能になります。

ただし、シングルクリックを選択した状態でダブルクリックを行うと、注文が二重に発注されます。誤発注には気をつけてください。

また、「ドラッグ&ドロップ返済機能」を使えば、残高情報欄から注文板上にドラッグ&ドロップするだけで、発注可能な全数量を返済発注できます。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

ネットストック・ハイスピードの機能改善について ~「シングルクリック発注機能」等により、さらにすばやい発注が可能に!~

松井証券は、2014年12月27日(土)(予定)に、トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」の機能改善を行います。

ネットストック・ハイスピードは、自動更新される注文状況や評価損益を確認しながら売買できるため、機動性が求められるデイトレードに最適なツールです。松井証券に口座をお持ちであれば、すべて無料で利用できます。

今回の機能改善では、「シングルクリック発注機能」や「ドラッグ&ドロップ返済機能」等を追加します。機能改善により、これまで以上にすばやく発注可能となるため、特にデイトレードを行うお客様の利便性が向上します。

この機会に、ぜひ「ネットストック・ハイスピード」の利用をお試しください。

■クリック1つで即発注!「シングルクリック発注機能」を追加!

株式、一日信用、先物OPのスピード注文画面およびミニスピード注文画面に、「シングルクリック発注機能」を追加します。

従来のダブルクリックでの発注に比べ、よりスピーディーな発注が可能なため、一刻一秒を争うデイトレードに便利な機能です。

各種スピード注文画面の上部にある「設定」ボタンから、簡単にシングルクリック発注へ切り替えできます。

matsui_nshs_20141227_001.gif

▼ご注意

  • 発注時のクリック方法設定は、全てのスピード注文画面、ミニスピード注文画面に適用されます。
  • シングルクリックを選択した状態でダブルクリックを行うと、注文が二重に発注されます。設定状況をご確認のうえ、操作には十分ご注意ください。
  • 「注文確認」のチェックを外した状態でシングルクリックを選択した場合、発注可能な領域をクリックすると直ちに注文が発注されます。発注時には注文条件の設定を十分ご確認ください。
  • 「板固定」のチェックを外した状態で、シングルクリックによる発注操作中(マウスの左ボタンを長押ししている間)に気配が動いた場合、最初にクリックした呼値で発注されます。

■「ドラッグ&ドロップ返済機能」でスムーズに返済が可能!

株式、一日信用、先物OPのスピード注文画面およびミニスピード注文画面に、ドラッグ&ドロップで建玉の返済発注ができる機能を追加します。

残高情報欄から注文板上にドラッグ&ドロップするだけで、発注可能な全数量を返済発注できます。急な相場の変化にも、スムーズに対応可能です。

matsui_nshs_20141227_002.gif

▼ご注意

ドラッグ中の建玉情報には、発注可能数量を表示します。発注済みで未約定の数量がある場合、残高情報欄に表示された数量と発注可能数量は異なります。

■その他の機能改善

ミニスピード注文画面に残高情報欄を追加

株式、一日信用、先物OPのミニスピード注文画面下部に、残高情報タブを追加します。

ミニスピード注文画面でも残高を確認しながら取引できるようになり、さらにドラッグ&ドロップでの返済注文も可能となります。

matsui_nshs_20141227_003.gif

スピード注文画面の表示改善

株式、一日信用、先物OPのスピード注文画面、ミニスピード注文画面および2WAYスピード注文画面において、選択している注文条件ボタンの色を変更し、視認性を高めます。

matsui_nshs_20141227_004.gif

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

ネットストック・ハイスピードに「一括返済注文機能」が追加 【2014年7月22日】

松井証券、未成年口座で手数料キャッシュバックキャンペーン実施【毎月1080円キャッシュバック】

「松井証券リモートサポート」が、AndroidOS搭載のスマートフォンやタブレット端末でも利用可能に

松井証券の「一日信用取引」の解説

松井証券、「プレミアム空売り」サービスを開始 【2014年3月27日より】

株取引アプリ「株touch」のiPhone版が機能改善【チャート追加。約定Push通知導入】

一日信用取引と通常の信用取引の比較 【メリットとデメリットの解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする