楽天証券、Mac対応のマーケットスピードを提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.24 Last Update!

楽天証券が、アップル製のパソコンであるMacに対応した株式トレーディングツール「MARKETSPEED for Mac」を2014年12月23日に提供開始しました。利用料は無料となっています。

下記のリンク先は、楽天証券によるニュースリリースです。

ただし、2014年12月時点では、「MARKETSPEED for Mac」に株の発注機能はありません。今のところ株式情報を得るためのツールになっています。この最初にリリースされたバージョンは「MARKETSPEED for Mac Version 1」と名付けられています。

2015年2月に「MARKETSPEED for Mac」に、追加で株の発注機能が内蔵される予定です。この株の注文機能が搭載されたバージョンは「MARKETSPEED for Mac Version2」という名前になる予定です。

ちなみに、「MARKETSPEED for Mac」は、windows用のマーケットスピードとは別物です。windows用のマーケットスピードは日本株以外に、日経225先物取引・米国株取引・海外先物取引に対応しています。

「MARKETSPEED for Mac」は、日経225先物取引・米国株取引・海外先物取引などに対応するか今のところ未定です。

なお、「MARKETSPEED for Mac」を使うと、日経テレコン21・フィスコ市況・四季報速報などの投資情報を無料で閲覧できます。

Macintoshで日経テレコン21が閲覧できるのは、楽天証券の口座を持っているMacOSユーザーにとっては朗報ではないでしょうか。

▼追記:

ウィンドウズ用のマーケットスピードを無料で使うには無料利用条件を満たす必要があります。

しかし、「MARKETSPEED for Mac」の利用料金は無料となっています。「MARKETSPEED for Mac」については、無料で利用するための特別な条件はありません。

なお、「MARKETSPEED for Mac」の対応OSは、「Mac OS X v10.10 Yosemite」と「Mac OS X v10.9 Mavericks」です。対応端末はMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini、iMac、Mac proとなっています。

▼関連記事

マーケットスピードのフル板サービスの利用料が無料化【2014年10月27日より】

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券のiSPEED for iPadを使った感想 【レビュー】

楽天証券にて特定口座で、米国株・中国株・アセアン株式・海外ETFの取引が可能になりました【2014年12月22日より】

楽天証券、貸株サービスを開始 【2014年11月29日開始予定】

米国株を買えるネット証券3社の比較

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする