GMOクリック証券、「米国株CFD」と「中国株CFD」の取扱いを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOクリック証券が「米国株CFD」と「中国株CFD」の取扱いを開始すると発表しました。2014年12月1日に、これらの外国株CFDの取扱いが開始される予定となっています。

CFDとはContract for Differenceの頭文字を取った略称です。Contract for Differenceとは「差金決済取引」のことです。

CFDは株式の個別銘柄や株価指数について、レバレッジをかけて取引を行うもので、FXの株式版といえます。

株の信用取引の最大レバレッジは約3倍ですが、CFD取引ではそれ以上のレバレッジで取引することが可能です。例えば、今回GMOクリック証券が開始する「米国株CFD」と「中国株CFD」では、最大5倍のレバレッジをかけられます。

CFD取引は、信用取引以上のハイリスクハイリターン取引を狙う投機家や、世界の株式市場の指数を売買したい個人投資家向けのサービスといえます。

以下、GMOクリック証券ウェブサイトの発表文【PDF】からの抜粋です。

~~~

2014年11月19日

GMOクリック証券
外国株CFD取扱開始に関するお知らせ【PDF】

~米国株・中国株がCFDで取引可能!世界の有名企業72銘柄がラインナップ!~

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2014年12月1日(月)より、CFD取引において、外国株銘柄(米国株・中国株)の取扱いを開始いたしますので、お知らせいたします。

■概要

2014年12月1日より、当社CFD取扱銘柄に米国株式市場上場の個別株52銘柄、中国株式市場上場の個別株20銘柄を新たに追加いたします。

これにより、AppleやGoogle、Amazon、Facebook、スターバックスなど身近な企業の銘柄や、世界第2位の経済大国である中国の有名企業の銘柄も取引ができるようになります。

《GMOクリック証券 外国株CFD取引の特長》

1. 手数料が0円
GMOクリック証券のCFD取引では、取引手数料はいただきません。

2. 売りからの取引が可能
現物取引とは異なり、外国株CFD取引では空売り注文が可能なため、株価の下落局面からでも利益を狙えます。

3. レバレッジ最大5倍
レバレッジ(最大5倍)を効かせた取引が可能であるため、少額からの取引が可能です。

■取扱開始日

2014年12月1日(月)

 ~~後略~~

▼関連記事

フル板を無料で使える証券会社 (比較あり)

GMOクリック証券、『株式フル板注文』サービス提供開始【無料】

GMOクリック証券のメリットとは

GMOクリック証券、4月以降も株と日経225先物取引の手数料を据え置き【増税分をGMO側で負担】

GMOクリック証券、証券取引口座開設の手続きを電子化

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする