楽天証券にて特定口座で、米国株・中国株・アセアン株式・海外ETFの取引が可能に【2014年12月22日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.12.22 Last Update!

楽天証券にて2014年12月22日から、特定口座で海外株式の取引が可能になりました。

特定口座で、米国株・中国株・アセアン(シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア)株式・海外ETFの取引が可能です。

個人の株式投資における一般口座と特定口座の違いについては、下記リンク先の野村證券のウェブサイトに、わかりやすい解説があります。

一般口座と特定口座の違い – 野村證券のウェブサイト

楽天証券において、今までは、米国株取引は一般口座でしか行えませんでした。一般口座で米国株を取引した場合、利益が出たら通常その翌年に、税務署に確定申告の書類を提出する必要がありました。

ところが、源泉徴収ありの特定口座で米国株取引を行うと、取引で利益が出たとしても、翌年、必ずしも確定申告をしに税務署に行く必要がなくなります。特定口座を使えば、個人投資家の米国株投資に関する面倒さが一つなくなるわけです。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

海外株式の特定口座サービス開始! ~確定申告がぐんとカンタンになります~

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141210_001.png

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_002.png

  • 2014年12月22日(月)現地約定分から海外株式も特定口座に対応いたします。(予定)
  • 大手ネット証券(※)で初めて、「特定口座」でアセアン株式がお取引いただけます。
  • 「特定口座」内の国内株式や投資信託と損益通算でき、確定申告もぐんとカンタンになります。


大手ネット証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社を指します。

▼「特定口座」を利用してご注文いただけるタイミング

2014年12月21日(日)から、買付注文時に「特定口座」を選択していただけるようになります。

↓画像はクリックもしくはタップで拡大可能

2014年12月22日(月)現地約定分の注文受付スケジュール(予定)

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141210_002.png

▼海外株式を特定口座で取引するには

特定口座の開設が必要です。

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_003.png

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_004.png

お手続きは必要ありません。サービス開始後、すぐにご利用いただけます。

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_005.png

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_006.png

特定口座の開設をお申込みください。特定口座の開設届出書(お申込書)は、こちらからPDFファイルをダウンロードできます。

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_007.png

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_008.png

はじめに楽天証券の取引総合口座をお申込みください。口座開設のお申込時に、特定口座の開設を同時にお申込みになれます。

▼特定口座とは?

株式や投資信託を「特定口座」を使って取引すると、確定申告がぐんと楽になります。

これまでの国内株式や投資信託に加えて、海外株式(米国株式、中国株式、アセアン株式、海外ETF)のお取引にもご利用いただけます。

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_009.png

  • 面倒な損益の計算を楽天証券がお客様に代わっておこないます。面倒な為替の計算も不要です。
  • 「源泉あり」なら、確定申告が原則不要になります。
  • 特定口座内の国内株式や投資信託と損益通算ができます。

■特定口座と一般口座の比較

↓画像はクリックもしくはタップで拡大可能

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_010.png

▼楽天証券の特定口座で海外株式を取引すると、こんなメリットがあります

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_011.png

煩わしい取引ごとの取得価格の管理から解放!確定申告もより簡単に。

楽天証券がお客様に代わって、確定申告にそのまま使える「年間取引報告書」を作成いたします。「源泉あり」なら、楽天証券が税金を源泉徴収し、お客様に代わって納税までおこないます。

煩わしい取引ごとの管理から解放されるので、取引回数が多くなりがちな、こんなお客様にメリットがあります。

・海外ETFを毎月少額で買い増して、長期の資産形成を実践しているコツコツ投資家
・値動きがダイナミックな米国株で頻繁に売買をおこなうアクティブトレーダー

rakuten_tokutei_gaikokukabu_20141015_011.png

同じ特定口座内の国内株式や投資信託との損益通算の計算が不要です!

特定口座で取引なさった海外株式は、同じ特定口座内で取引なさった国内株式や投資信託の譲渡損益と通算されます。
また、大手ネット証券で初めてアセアン株式も対象になるので、より広いマーケットへの国際分散投資に対応しています。

▼関連記事

マネックス証券で米国株の特定口座対応が2013年12月16日から開始

マネックス証券、3月から特定口座での中国株取引に対応

マネックス証券において、米国株と中国株が非課税(NISA)で取引可能になりました

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

資産50億円トレーダーcis氏はマーケットスピードを使っている その2

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

NISA口座、2015年から毎年 証券会社の変更が可能になります

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする