松井証券、「一日先物取引」を開始 【2015年2月9日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券が、2015年2月9日より一日先物取引という新種の日経225先物取引サービスを開始します。

「一日先物取引」とは、返済期限を『新規建てしたセッション』に限定する代わり、取引手数料を通常の日経225先物取引に比べ安く設定した日経225先物取引です。

手数料が安いというメリットがある代わりに、建玉の返済期限が新規建てを行ったセッションに限定されます。セッションをまたぐと、松井証券に建玉を強制決済されてしまいます。

また、一日先物取引は、通常の日経225先物取引に比べ、高いレバレッジでの取引を可能とし、建玉上限枚数も拡大されています。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

先物デイトレードが変わる!「一日先物取引」の取扱いを開始します

2015年1月16日

松井証券は、2015年2月9日(月)(予定)より、「一日先物取引」の取扱いを開始します。

「一日先物取引」とは、返済期限を『新規建てしたセッション』に限定する代わり、取引手数料を当社通常の先物取引に比べ安く設定した先物取引です。この他、通常の先物取引に比べ、2倍以上(※)の高レバレッジでの取引を可能とし、建玉上限枚数も拡大するなど、日経225先物でアクティブに取引する投資家に最適なサービスです。

また、「一日先物取引」のリリースを記念して、先物・オプション取引口座の新規開設キャンペーンを実施します。この機会にぜひ、松井証券の先物取引をご検討ください。

※2015年1月15日(木)時点

■一日先物取引の魅力

一日先物取引の魅力である“業界最安水準の手数料”、“最高水準のレバレッジ”、“建玉上限の拡大”についてご案内します。

▼業界最安水準の手数料

一日先物取引は、業界最安水準の手数料で取引できます。

一日先物取引 先物取引(当社・通常)
約定1枚あたり
手数料(税抜)

日経225先物:250円

日経225mini:25円

日経225先物:300円

日経225mini:40円

▼“最高水準”のレバレッジ

一日先物取引は少額証拠金制度が適用されるため、通常取引の2倍以上のレバレッジで取引できます。

一日先物取引 先物取引(当社・通常)
レバレッジ 約50倍 約22倍
必要証拠金

日経225先物:340,000円

日経225mini:34,000円

日経225先物:780,000円

日経225mini:78,000円

※2015年1月15日(木)時点

▼建玉上限の拡大

一日先物取引では、建玉上限枚数を通常取引の1.5倍となる300枚に拡大します。

一日先物取引 先物取引(当社・通常)
建玉上限(売・買毎)
※ラージmini合計
300枚 200枚

※日経225miniは0.1枚として計算します。

※先物取引(当社・通常)の建玉上限は、2015年2月9日(月)日中立会より適用予定の枚数です。

■一日先物取引の概要

一日先物取引の概要は次のとおりです。

サービス
開始日
2015年2月9日(月)日中立会
取扱銘柄 日経225先物、日経225mini
(3・6・9・12月のうち直近1限月)
返済期限

当場(新規建したセッションのレギュラー・セッション終了まで)

※日中立会の場合は15:10、ナイトセッションの場合は翌02:55

手数料
(税抜)
日経225先物 1枚あたり250円
日経225mini 1枚あたり25円
建玉上限
(売・買毎)
日経225先物 ラージmini合計 300枚
日経225mini
発注チャネル パソコン向け会員画面、携帯端末向け会員画面、ネットストック・ハイスピード、株touch

 ~~中略~~

■「一日先物取引リリース記念 先物新規開設キャンペーン」を実施!

松井証券では、一日先物取引のリリースを記念して、新規に先物・オプション取引口座を開設したお客様を対象に期間中の先物取引、および一日先物取引の手数料を無料とするキャンペーンを実施します。

▼キャンペーン概要

期間 2015年1月16日(金) ~ 2月27日(金)
対象取引 日経225先物取引(日経225先物、日経225mini)
一日先物取引(日経225先物、日経225mini)
対象者 2015年1月16日(金) ~ 2月27日(金)に先物・オプション取引口座を新規に開設したお客様
内容
第1弾 2015年1月16日(金)16:30 ~ 2月7日(土)03:00までの先物取引手数料が無料
第2弾 2015年2月9日(月)09:00 ~ 2月27日(金)15:15までの一日先物取引手数料が無料
ご注意
  • 対象取引は約定日を基準に判定します。
  • 2015年1月16日(金)以降に先物・オプション取引口座を閉鎖後、再開設したお客様はキャンペーンの対象外です。
  • 通常の先物取引の任意決済による注文、お電話での注文はキャンペーンの対象外です。
  • オプション取引はキャンペーン対象外です。
  • オプション買口座を保有のお客様は、先物取引口座を開設した翌営業日の夜間立会からキャンペーンの対象となります。

~~以上、松井証券のウェブサイトからの抜粋~~

ちなみに、建玉の返済期限を新規建てを行ったセッションに限定する代わりに、通常の日経225先物取引より、証拠金が少なくて済む日経225先物取引は以前から存在しました。岡三オンライン証券アクティブ取引コースです。

ただ、松井証券のような取引手数料まで安くなるサービスについては、私は初めて見ました。今回の新サービスをきっかけに、松井証券で日経225先物取引の口座を開設するデイトレーダーが出てくるかもしれません。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

楽天証券、日経225先物と日経225miniの取引手数料を値下げ【2015年1月16日より】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする