SBI証券において、決算発表内容がリアルタイムで確認可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年9月26日、SBI証券が自社のウェブサイトにおいて「企業の決算発表情報」を拡充しました。

今回の拡充によって、「決算発表スケジュール画面」において、銘柄によっては決算発表内容をリアルタイムで確認可能できるようになりました。

まず、SBI証券のユーザーが、同社のウェブサイトにログインします。その後、トップページから「マーケット > 経済カレンダー > 決算発表スケジュール」とクリックしていくと、下記のページが表示されます。

↓クリックで拡大可能

sbi_kessan_sokuji_20140926_001.png

上記ページの中から「発表済」と書いてある銘柄の「銘柄名」をクリックすると、下記のページが表示されて、最新の決算情報を読むことが可能になっています↓

sbi_kessan_sokuji_20140926_002.png

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~

主要ネット証券※初!決算発表内容をリアルタイムで確認可能に!

2014年9月26日(金)より、企業の決算発表情報を大幅に拡充いたします!

企業の決算発表予定日がいつなのか、また、発表された業績がどのような結果だったのかを、いち早く確認できるようになります!株価に大きな影響を与える、業績予想の上方修正や下方修正なども一目瞭然!

多くの企業が15時以降に決算発表を行うので、業績内容を確認後、当日19:00~23:59のPTS夜間取引でお取引することも可能です!株式投資に欠かせない企業の決算発表情報をぜひご活用ください!

※「主要ネット証券初」とは、決算発表内容を決算発表後リアルタイムで確認できる機能を指します。比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります。
(2014年9月26日SBI証券調べ)

※本情報は、株式会社アイフィスジャパンから提供を受けたデータを元に当社において表示いたします。

▼お取引に不可欠!決算発表情報の活用ポイント!

  1. 決算発表スケジュールが驚異的な進化!業績情報もリアルタイムで確認できる!
  2. 企業の成績(経常利益達成状況)がお天気マークで一目瞭然!
  3. 業績や配当の予想・実績・上下方修正速報など投資判断に役立つ情報がたくさん!

1・ 決算発表スケジュールが驚異的な進化!業績情報もリアルタイムで確認できる!

マーケット>経済カレンダー>決算発表スケジュール画面では、カレンダー、または企業名で検索して、決算発表日をご確認いただけます。また、発表された今期経常利益や会社予想に対する達成率などをほぼリアルタイムで更新※!決算発表予定日や決算発表内容をいち早く確認したいときに、便利にご利用いただけます。

カレンダーで検索

↓クリックで拡大可能

sbi_kessan_sokuji_20140926_011.gif

※ログイン前は20分ディレイ表示となります。

企業名で検索

sbi_kessan_sokuji_20140926_012.gif

2・ 企業の成績(経常利益達成状況)がお天気マークで一目瞭然!

決算発表スケジュール画面や個別銘柄業績画面では、現在の経常利益の達成状況を直感的にイメージできるよう3種類のお天気マークで表現!お天気マークは複数の項目を点数化し、総合的に判定された結果を表示します。

決算発表スケジュール

sbi_kessan_sokuji_20140926_013.gif

※コンセンサスは、前日までに発行された証券会社21社のアナリストレポート上に記載された業績予想値をもとに株式会社アイフィスジャパンが算出し、日々更新しています。データが存在しない場合はハイフン表示となります。

3・ 業績や配当の予想・実績・上下方修正速報など投資判断に役立つ情報がたくさん!

ログイン後の個別銘柄情報画面に業績タブが追加され、決算発表内容が確認できます!

会社予想の経常利益に対する達成状況や、売上高・営業利益等の経営成績はもちろん、配当の状況や会社の発表履歴も表示されるので、3年前から現在までの業績状況が簡単にご確認いただけます!

sbi_kessan_sokuji_20140926_014.gif

※ETF・ETN・新株予約権証券・東証外国株式につきましては、業績情報が表示されません。

※新規上場銘柄・REIT・優先株につきましては、一部情報が表示されない場合があります。

※コーポレートアクションや会計基準の変更等により、一部情報が表示されない場合があります。

~~SBI証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

SBI証券、口座開設と入金で現金2000円プレゼントキャンペーン実施

SBI証券のメリットとは?

SBI証券、国内株式の期間指定注文における指定可能期間を拡張

SBI証券のスマートフォンサイトが株価自動更新に対応

トレーディングツール「HYPER SBI」の利用料金が値下がり

SBI証券、「HYPER 株アプリ」の登録銘柄一覧における気配値の表示機能を追加

SBI証券の「HYPER 株アプリ」を使った感想

SBI株取引のAndroid版が「HYPER 株アプリ」にリニューアル

SBI証券、投信分配金自動振込サービスを開始

LINEで株取引、SBI証券が年内にサービス開始予定

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする